【生えかけの親知らず】疲れると腫れるし痛みが出た時の炎症を抑える4つの対処法と抜歯方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

横向きに生えた親知らずのキャラクター

「親知らずが斜めに生えている」

「親知らずの周りの歯ぐきが腫れて痛い…」

というトラブルをあなたも抱えていませんか?

親知らずは、ただでさえ磨きにくい歯!

その為、

  • 虫歯になりやすい
  • 歯ぐきが炎症を起こして、口が開きにくくなる

というトラブルがよく起こる歯です(汗)

親知らずにトラブルがあった場合、歯を抜くことを勧めてくる歯科医も多いと思いますが、

「どんな場合に親知らずを抜くことになるのでしょうか?」

「抜くときは痛いのでしょうか?」

「すぐ抜けるものなのでしょうか?」

と、疑問もたくさんありますよね(汗)

しかも炎症や痛みは、ある日突然あなたに襲いかかってきます!だからこそ、万が一の時のために「自分でできる対処方法」を知っておくことには大きな意味がありますよね(^^)

親知らずが原因で起こるトラブルや治療方法、また家でできる対処方法をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください(^^)/

誰にでも突然襲いかかるトラブルなので、知っていて「損」はありませんよ!

スポンサーリンク



親知らずが痛い!生えかけの親知らずで頬の内側に痛みや炎症が起きやすい理由

親知らずは、一番奥に生える歯です。

永久歯の生え変わりは小学生頃から始まりますが、「親知らず」はどの永久歯よりも遅れて1番最後に生えてくる歯で、智歯(ちし)とも呼ばれています。

ちなみに「親知らず」は親も知らない間に生えるということで、「親知らず」と呼ばれているんですよ(^^)

20歳前後から生えてくる人が多い親知らずですが、人によって生える時期にはかなりの差がありますし、一生生えてこない人もいます。

そのため、歯が生え始めても気づきにくいので

  • 歯磨きしにくい
  • 汚れが溜まる
  • 虫歯になりやすい
  • 歯ぐきが腫れる
  • いつも不潔な状態になる

とトラブルが多くなるのです…。

しかも炎症が治まっても、汚れたままの親知らずは何度も炎症を繰り返します…(汗)

さらに最近はあごのサイズが小さい人が増えていることもあり、親知らずが横に曲がって生えている人も多く、ますます歯磨きしにくい状態になっています(汗)

まとめると、親知らずは

  • 生えたことに気づきにくく磨くのを忘れている
  • 斜めに生えてくることが多く、磨きにくく汚れが溜まりやすい

ため、トラブルが起きやすいのです(汗)

頬の内側も腫れる親知らず(智歯歯周炎)の痛みや症状

「注意」のイラスト文字

一番奥に生えてくる親知らずは、

  • 歯磨きがやりにくい
  • 斜めに生えることが多い
  • 歯ぐきが半分被っていることもある

と、虫歯や歯周病になりやすい条件がそろっています(汗)

しかも親知らずは歯磨き不足や疲れなど、免疫機能が弱っている時に炎症症状が起こりやすい歯です!

症状の中でも特に多いのが、歯ぐきの周りに炎症を起こしてしまう歯智歯歯周炎(ちししゅうえん)。

しかも炎症状態が長く続くと、歯を支えている周りの骨を吸収し、親知らずをダメにするだけでなく、手前の奥歯(第二大臼歯)の骨まで溶かしてしまう怖い病気です(><)

さらに炎症が急性化すると、

  • 腫れて痛みが出る
  • 周りの骨を吸収する

症状がもっとひどい場合は

  • 顔まで腫れる
  • 発熱する
  • 激痛になる
  • 口が開かなくなる

など、悲惨なことに…(><)

万が一近くある「噛む筋肉」まで炎症が進めば、口が開かなくなって食事をするのも難しくなってしまいます!

炎症がひどくならないうちに、違和感を感じたら早めに歯医者へ行きましょう。

親知らずを抜歯した方がいい6つの理由

抜歯のイラスト

親知らずが原因で

  • 隣の歯が虫歯になってしまう
  • 親知らずが虫歯になる
  • 親知らずの周りの歯ぐきに痛みが出る
  • 歯磨きしにくく歯ぐきがよく腫れる
  • 口臭の原因になっている
  • 噛む筋肉に炎症し、口が開きにくくなる

の6つのトラブルが続くようなら、「親知らずを抜く」選択も出てきます。

▼歯磨きしても口臭が気になる人には、こちらが参考になります▼

合わせて読みたい→口臭を早く消したい時のおすすめグッズ!息が臭い4つの原因と改善方法のまとめ。

しかも、歯周病が進んで親知らずの周りの骨を溶かしてしまえば、隣の歯まで抜く可能性もあるんです…(泣)

残せたはずの歯を失うほど、悲しいことはありませんよね(><)

大切な奥歯を失わないように、異変を感じたら見逃さないことが大切です!

親知らずは抜歯する方がいいの?炎症で口が開かなくなる親知らずは「腫れる→治る」を繰り返す

虫歯の女性のイラスト

親知らずは「腫れる→治る」を繰り返すことが多い歯です。

そのため違和感を感じたら、痛みがなくても早めに歯医者で診てもらう方が安心ですね(^^)

歯医者での処置は、

  • 腫れてる場合は、歯ぐきの周りを洗浄したり抗生物質を飲んで急性症状を落ち着かせ、その後は状態によって歯を抜く。

  • 重苦しい感じがしたり歯ぐきを噛んで痛いような「慢性的な症状」の場合も、歯を抜いて不快な症状を取り除く。

ような処置をすることが多いです。

一方、歯ぐきや粘膜の炎症や痛みが全くなく

  • 半分しか親知らずが生えてない
  • 完全に歯が埋まっている

状態でも歯を抜く先生もいますので、よく相談して治療方針を決めることをオススメします。

親知らずの抜く時の痛みはどのくらい?やっぱり痛いの?

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(女性)

「親知らずを抜く」と聞くと、大変なイメージがある方も多いと思います。

でも大抵の場合、大変な抜歯は「下の親知らず」がほとんどです!

それはなぜか。

その理由は大きな神経が親知らずの根っこの近くにあって、抜歯の時に神経を傷つけてしまう危険があるからです。

もし歯を抜くときに神経を傷つけてしまえば、程度によりますが唇から頬っぺたにかけて、麻痺が出る可能性もあります。(怖いですよね…)

しかも、親知らずが斜めに生えていたり歯ぐきの下に埋まってる場合は、周りの骨を削ったり、親知らずを割りながら抜いていくので、抜歯の時間も1時間ほどかかってしまいますし、費用も高くなってしまいます(><)

当然、骨を削りながら歯を抜けば、麻酔が切れた後も痛みや腫れた症状が出ますし、口も開きにくい状態になります。

歯を抜いて2〜3日は、痛みや腫れが出てしんどいと思いますが、1週間ほど経てば症状も落ち着くいてくるはずです。

きちんと処方された抗生物質を飲んで、痛いときには痛み止めを飲みながら1週間ほどは安静にしておきましょう!

そしてもう一つ!

歯を抜いた後は、うがいをし過ぎないように注意してください。

歯を抜いた後の穴は、血液を溜めて治っていきます。

そのためうがいをし過ぎると、大事な血液が流れて傷の治りが悪くなってしまうのです(;_;)

口の中がしばらく「血の味」がして気持ち悪いと思いますが、うがいのし過ぎや舌での触り過ぎには注意してくださいね。

ちなみに「上の親知らず」の場合は、下の親知らずより比較的「抜きやすい」ので安心して下さいね(^^)

親知らずが腫れた!痛みを早く治す・抑える4つの家でできる対処方法

「注意」のイラスト文字

もし親知らずが腫れて、痛みがあるときは家でできる4つの方法で対処していきましょう!

①我慢せずに痛み止めを飲む

痛みがある時は、痛み止め(ロキソニンSプラスを飲むことで痛みを抑えることができます。

※ただし、症状が激しい時は効かないこともあります。

②痛みがある場所を冷やす

冷やしたタオルや保冷剤をハンカチで巻いたものや冷えピタを貼るなど、痛い部分を冷やすことで、炎症を抑えることができます。

③食べカスを綺麗にとる

親知らずの周りに食べカスがつまっていると、歯ぐきが圧迫されて痛みが出るので、原因の食べカスをとることで痛みを和らげることができます。

④刺激の少ない洗口剤や水でうがいをする

刺激の少ないシシュテックでうがいをすることで

  • 虫歯予防
  • 歯周病の予防
  • 口臭予防

の効果が期待できます。

使い方は、歯磨き後に洗口液を口に含んで、10秒ほどクチュクチュして口をゆすぐだけなので、とても簡単に口の中を綺麗にできます\(^o^)/

もちろんシシュテックは普段使いでも使えるので、口臭が気になっている方は普段から使うことで、嫌な口臭を予防することができますよ(^^)

使った後もピリピリせず、低刺激で続けやすいので1本常備しておけば、いざという時のお守り代わりにもなりますね(^^)

詳しい使い方は低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビューを参考にしてみましょう!

▼すぐに確認したい方は、こちらからシシュテックの成分が確認できます▼

歯周病予防用マウスウオッシュ『シシュテック』

以上の4つの方法で親知らずの痛みや炎症を抑えましょう!

第二大臼歯にも親知らずのような症状が起こっているってホント?

余談ですが、最近さらにあごが小さくなってきた人が増え、親知らずはもちろん、その一つ前の歯の「第二大臼歯」も正常に生える隙間がなく(埋まっている)人が増えています。

つまり、親知らずの周りで起こっている骨の吸収や虫歯のトラブルが、一つ前の歯でも起こっている!ということ(泣)

それだけじゃありません。

そのまま放っておけば、その1つ前の6歳臼歯にも炎症の魔の手が…。
奥歯が全部共倒れになってしまう…!という惨劇は、絶対に阻止しなければなりません(><)

炎症を起こさないためには、普段からの歯磨きが大切です!

おすすめは、虫歯や歯周病予防に効果的なBRIAN(ブリアン)を使って、歯磨きしにくい歯の間や歯ぐきの間の汚れを取ること(^^)/

痛くなってから処置するよりも、痛みが出ないように日頃からケアする方が不快な思いをせずに、歯の寿命を長持ちさせる一番いい方法なんですよ\(^o^)/

詳しい磨き方はこれならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法を参考に、虫歯や歯周病予防に効果的な磨き方をマスターしましょう\(^o^)/

また、第二大臼歯(親知らずの隣の歯)が埋まっている場合は、矯正治療で歯を引っ張り出して、正常なかみ合わせに参加させる方法もあるので、自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で治療方法をよく相談してみましょう。

まとめ(親知らずがないことはラッキーなこと?)

親知らずは歯磨きがしにくく汚れも溜まりやすいので、腫れたり痛みがでやすい歯です。

もし痛みや炎症が起こった時は

①我慢せずに痛み止めを飲む

②痛みがある場所を冷やす

③食べカスを綺麗にとる

④刺激の少ない洗口剤や水でうがいをする

の4つの方法で親知らずの痛みや炎症を抑えましょう!

一方で親知らずは人間の歯の中では退化傾向が強い歯なので、人によっては最初から親知らずがない人も多いです。

でも見方を変えれば、初めから親知らずが足りないことは、腫れる心配もなく歯を抜かなくてもいいため「ラッキー」なことなのかもしれません(^^)

自分に親知らずがあるかないかは、レントゲンを撮れば埋まってる歯までバッチリ分かります。自分の歯の状態について知っておくことは、将来のトラブル回避につながりますね(^^)

ぜひ、腫れて激痛が起きる前に普段から

で歯を守りましょう\(^o^)/

親知らずの周りを清潔にしておけば、親知らずはあなたに悪さをしませんから(^^)

▼虫歯や歯周病予防に効く歯磨き粉は、こちらから成分が確認できます▼

善玉菌配合のオールインワン歯磨き粉

▼親知らずの炎症予防はもちろん、虫歯や歯周病予防に効く歯磨き方法は、こちらが参考になります▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする