口臭対策

スポンサーリンク
口臭対策

朝のきつい子供の口臭を直したい!寝起きの息がにおう4つの原因と対処方法

子供の口臭予防方法や改善策をまとめました。改善しない口臭は歯医者で相談してみましょう。口臭の原因は虫歯、歯磨きが不十分、口呼吸、舌の汚れが考えられます。もし口臭が気になったら、口呼吸を治す、鼻の病気はないか確認する、歯磨きを丁寧にしてプラークを落とす、食事やガムを噛むことで唾液を増やす、水を飲む方法を試しましょう。夜寝てる間は唾液の量が減ってしまい細菌が繁殖しやすく朝の口臭の原因になります。口呼吸や歯磨きが不十分で歯に食べカスがつまったままでも、朝の口臭が強くなります。
口臭対策

外出先で歯磨きできない時に歯ブラシ以外で虫歯リスクを減らす2つの方法。

歯磨きができないときでも口の中を綺麗にする方法を紹介します。間食の内容をコントロールする、よく噛んで唾液を出し汚れを洗い流す、うがいをすることで口の中の汚れが綺麗になります。子供の歯磨き嫌いにも使える方法です。よく噛む事は歯磨きになります。野菜など噛むと、口の中の汚れは取れて虫歯や歯肉炎歯周病予防になります。ぶくぶくうがいも歯の汚れを取る効果があります。噛むことで脳の血液の流れを良くなる、集中力がつく、時間にかけて食べるので満腹感がえられ間食が減る、心も健康になる、あごが広がって歯並びが良くなるなどいいことだらけです。
口臭対策

意外と知らない歯周病検査の実態!痛いの?保険でできる?費用はどのくらい?

歯周病検査は、問診、視診、歯ぐきの状態を調べてレントゲンで骨や根っこの状態をチェックします。歯周病は大人の8割がかかっていると言われている病気です。しかもゆっくり進行するので自分でも気づきにくく、はっきりとした症状が出た時にはかなり進行している場合が大きい病気です。予防方法や治療方法について説明します。
口臭対策

本当に怖い歯周病。歯周ポケットが深い原因で起こる悲劇!でも予防策はある!

歯周病の治療をしても、歯磨きの状態が悪ければまた炎症が繰り返されます。歯磨きはもちろん、定期的に歯医者で歯石除去や洗浄をすることは、治療に相乗効果をもたらします。歯の間が深い溝(歯周ポケット)になると、歯垢が溜まり細菌達の毒素で歯ぐきは腫れ、歯を支えてる骨(歯槽骨 しそうこつ)を溶かし最後は歯が抜けてしまいます。歯医者での歯周病治療や歯石取り、歯周ポケットの検査の方法などを説明していきます。
口臭対策

歯石除去は絶対した方がいいの?黒色と白色の歯石の原因と付くのを防ぐ方法。

歯石の種類。歯医者で歯石取りや歯ぐきの中の洗浄をしてもらうことで、歯ぐきの中の細菌の数を劇的に減らしてくれる。新しく細菌の層ができる時も、善玉菌が増えていくので、細菌が「質」が変わる。2つの効果があります。でも口の中の環境がよくなったと大喜びするのも数ヶ月だけ。磨き方が悪いと、時間が経てば徐々に元の状態に戻ってしまいます。歯石が付きにくくなる予防方法を紹介します。
口臭対策

歯や歯ぐきの周りのぬるぬるの正体!歯磨きしても残るぬめりの取り方と歯磨き方法。

歯のぬめりの正体は細菌の塊です。歯垢(細菌の塊)はバイオフィルムの一部です。バイオフィルムがあると、歯磨き粉や抗菌剤など成分が細菌まで届きません。頑固なバイオフィルムになれば、もう歯ブラシでは取れません。でもまだ薄いバイオフィルムのうちに歯磨きで取ることができれば、虫歯や歯周病を予防することができます。細菌の毒素は虫歯、歯周病、口臭などの原因を起こします。定期的に歯科医院でのクリーニングと家で歯磨きが、バイオフィルムの破壊、虫歯や歯周病の予防につながります。
口臭対策

子供の歯が茶色や黒や白い原因は?乳歯の虫歯の見分け方をプロが解説!

赤ちゃんの歯が生えそろう2歳半頃までに虫歯菌が感染すると、その虫歯菌はずっと住み続けてしまいます。乳歯は(早い子で6ヶ月から)8ヶ月頃から下の前歯が生え始めます。 1歳頃には上下4本の前歯が生えてきて、2歳半~3歳頃には奥歯も生え20本全て生えそろいます。虫歯になりやすい場所は上の前歯、奥歯の歯と歯の間、かみ合わせ面です。それぞれの磨き方と赤ちゃんに虫歯菌をうつさない方法を紹介します。
口臭対策

見逃すな!子供の前歯に茶渋がつきやすい原因はぽかん口と口呼吸で間違いなし!

前歯に茶渋や着色汚れがよく付くのであればほぼ100%口が開いていたり、口呼吸をしています。予防方法は、口が開いていたら「口を閉じようね」と声をかけること、食事をよく噛めるものにすること、赤ちゃんは母乳で育てる。難しい時はビーンスタークでミルクを飲ませる3つをまずは徹底してみましょう。口呼吸は歯に着色が付きやすくなる、病気を引き起こす原因になる、歯並びにも悪い影響が出る、虫歯や歯周病になりやすくなるデメリットがあります。
口臭対策

虫歯の激痛で寝れないし膿の臭いがする原因は?歯が痛い時の3つ応急処置

根尖性歯周炎。 歯髄炎が進むといずれ神経は死んで細菌感染で腐敗してきます。 神経が生きていたらズキズキ痛い歯も、細菌感染で神経が死ぬと痛みはなくなります。でも炎症はなくなりません。膿の袋が小さいうちは、痛みや腫れなどの自覚症状はほとんどありません。そのため、気づかないうちに「歯を支えている骨」を溶かしていることも多いんです。もし気づかないまま放置していれば、膿の袋は大きくなり、今度は激しい痛みや歯ぐきから膿がでたり、頬っペたが腫れる原因になってしまいます。痛みの対処方法や虫歯予防の方法を紹介します。
口臭対策

息がクサイと感じる4つの原因と改善方法。口臭がないのに気にしている人もいるんです。

口臭の原因と対策方法を紹介します。口臭には生理的口臭、食べ物の口臭、病的口臭、仮性口臭症(実際には口臭がないのに、本人が口臭を訴える口臭)の4つの種類があり、1日のうちでも口臭の程度は変化します。(特に朝起きた時やストレスや緊張した時は、口臭を強く感じます)自分の本当の口臭の原因を知らないために、「悪い病気ではないか…」と、不安になってしまわないように「自分の口臭の原因は何なのか?」を知ることが、口臭改善の近道になります。
スポンサーリンク