口臭対策

スポンサーリンク
口臭対策

市販のタブレットで口臭ケアは出来ない!息がクサイ本当の原因と対策

口臭が気になる時タブレットなど一瞬口臭を消すようなものに頼っていたり、マスクをして口臭を周りに気づかれないように努力しても、口臭問題を解決する根本的な対策にはなりません!歯科衛生士おすすめの口の中を清潔にする方法とマウスウォッシュでスッキリ感を手に入れましょう!
口臭対策

前歯や奥歯が動く気がする原因は?ぐらぐらの歯を守る5つの方法!

健康な歯も指で押すと揺れる理由を説明します。歯の動揺の原因は他にも歯周炎や強い噛む力・歯の根っこが折れた・外傷・根尖性歯周炎が原因で骨の吸収が起きたり歯ぐきの炎症が原因で動揺している可能性もあります。重度の歯周病になれば、支えている骨の吸収が進んで歯の動揺が大きくなります。原因を見極めてかみ合わせの調整や歯周病の治療で歯の動揺を小さくしましょう。
口臭対策

学校検診で「虫歯なし」でも治療した方がいい歯もある!「C」の記号の意味と症状まとめ

学校検診でC1以上の虫歯を指摘されたら、子どもが痛みを訴えていなくてもすぐに治療へ行きましょう。虫歯は進行状態によってC0、C1、C2、C3、C4に分けることが出来ます。COは治る可能性がある虫歯。C1は痛みはないが穴があいているので削って直します。C2は冷たいものがしみます。C3はズキズキ痛みがでて炎症が広がれば歯髄炎になります。C4は歯が残せない場合は抜歯の可能性がある虫歯です。虫歯の進行状況や治療方法をまとめました。
口臭対策

ひどい虫歯で歯がボロボロでも痛みなし!根っこだけ残った歯の治療法は抜くしかないの?

ズキズキする虫歯の激痛で苦しんでいたのに、前より痛みがなくなったなら歯の神経が死んでいます。頬っぺたが腫れる、口の中から膿の嫌なニオイがする、歯がボロボロで根っこだけの状態 なら要注意!神経が死んでいるので、あれだけ痛かった歯の痛みも感じなくなります。さらに虫歯が重症化すれば、あごの骨にまで細菌が感染し、頬っぺたが腫れたり、歯の根っこが化膿して口の中から嫌なニオイがでる可能性があります。歯の根っこがまだ使えるなら治療をして被せ物をする方法もありますが、使い物にならなければ歯を抜かなくってはいけません。
口臭対策

眠れないほどの歯痛!歯ぐきから膿が出てズキズキ痛い虫歯の原因と治療方法

夜眠れないほどの激痛がある、熱いものがしみる、虫歯の穴がかなり大きい食べ物がつまると激痛がするなら神経まで虫歯が進んでいます。神経が腐ったまま放置してしまえば、骨の中に膿が溜まり歯ぐきが腫れて歯を失う可能性が高くなります。歯の神経が細菌に侵されて炎症を起こした状態を歯髄炎の状態でも神経は生きているので、多くの場合神経を取ってしまわないと痛みはおさまりません。ズキズキと激しい痛みが出る原因は、歯の中で血管が膨張し、中の圧力が高くなって神経組織が押しつぶされているから。歯髄炎が進んで細菌感染されてしまえば、もう神経を取るしかありません。
口臭対策

甘いもの(チョコ)や冷たい水や風で歯がしみる症状は虫歯!原因と3つの治療方法

明らかに穴が開いている、冷たい水やうがいでしみる、チョコや飴など甘いものがしみる、風がしみる、痛みがある、舌で触ると引っかかることがあれば象牙質まで虫歯になったC2(シーツー)状態になっている可能性が高いです。見た目には小さく見える虫歯でも歯の中で見た目以上に中で被害が広がっていることも多いです。しかも歯の中は歯の表面より柔らかく隙間も多いので、虫歯になれば一気に進んでしまいます!治療方法を紹介します。
口臭対策

痛くない歯の茶色や黒い点の原因は虫歯?着色?治療方法と3つの予防法

「痛み」や「しみる」などの自覚症状がない、歯の色が白く濁っている、歯に茶色や黒い部分があるなら、歯の表面が溶かされて小さな虫歯ができている可能性が高いです!濁った部分は白い斑点になり、時間の経過とともにや茶色になっていきます。まだ痛みなどの自覚症状がないので見逃したり放っておく人が多いです。歯が痛くなってからでは、虫歯がかなり進行している可能性があります。黒い虫歯の治療方法について説明します。
口臭対策

子供の歯ぐきも黒くなる!タバコの害はヤニだけじゃない歯周病リスクも8倍上がる理由。

タバコを吸うと歯周病の悪化し治療しても治りにくい・上下の前歯や上の前歯の裏側の歯周ポケットが深くなる・タバコを吸わない同年代の人より歯周病が重症になりやすい・ヤニによる着色・インプラントの成功率に影響・抜歯後の治りが悪い・口臭などのデメリットがあります。喫煙者の歯周病は見た目よりも悪くなっていることが多く発見も遅れてしまいます。タバコの害と歯周病との関係についてまとめています。
口臭対策

前歯が長くなった気がするのはなぜ?歯ぐきが下がる3つの原因と改善方法。

歯ぐきが下がってしまう原因は元から骨がない、間違った歯磨き方法、歯周病が主な原因です。歯ぐきが下がった場所は虫歯のリスクが高くなり、傷つきやすい部分。まっすぐ歯ブラシを当てる、研磨剤入りの歯磨き粉は使わない、唾液をよく出して間食の摂り方を見直してこれ以上歯ぐきが下がらないように注意しましょう。おすすめの歯磨き方法や歯磨き粉の選び方を紹介します。
口臭対策

歯周病の予防方法と2つの原因。歯医者で歯周病が治らない理由は全身の病気が関係しているから

歯周病の原因には口の中の細菌が原因で起こる歯周病は歯磨きが不十分で、歯にプラークや歯石が付いて細菌の毒素で炎症が起こります。全身的な要因で起こる歯周病は糖尿病など病気が原因の歯周病です。口の中だけの治療では改善が難しく、全身的な問題を改善する必要があります。歯周病の原因はプラークです。予防にはプラークを溜めないことが一番!病気を治すことはもちろん、他にも普段の食生活、歯磨き方法を見直すだけでも、プラーク(細菌)の量を減らすことができます。歯周病の予防方法を紹介します。
スポンサーリンク