歯磨き方法

スポンサーリンク
歯磨き方法

【時短で歯磨き】たった4つのステップで短い時間でも楽に口の中がスッキリ綺麗になる方法

時間がない人や歯磨き時間が短い人でも実践できる歯磨き方法を紹介します。自分にあった歯ブラシや歯磨き粉を選ぶことが時短で歯磨きが出来るコツです。歯磨きのコツは歯ブラシ一本で全てを磨こうとするよりも部分ごとにワンタフトブラシやフロスや歯間ブラシを使い分けたほうが、早く綺麗に仕上げられます。歯磨きの順番は磨き残しが多いとこから磨いていくのがオススメです。かかりつけの歯医者を持つことでPMTCやクリーニングでトラブルを未然に防ぐことが出来ます。
歯磨き方法

子供の磨き残しには赤い染め出し液がオススメ!効果とデメリットを解説。

磨き残しが分かる染め出し剤の使い方や効果を紹介します。子供が歯磨きが苦手な理由は、どこに磨き残しがあるのか分からないから。自分の磨き癖を知ることで磨き残しは確実に減ります。染め出し剤を上手に使えば、磨き残しを目でハッキリ確認することができます。プラーク(歯垢)は細菌の塊です。爪楊枝などで歯をこすってとれる黄白色のネバネバしたもの。プラークは細菌や細菌の生産物からなる有機物なので色素で染められます。歯垢染め出し剤は、液体、錠剤タイプがあり、プラークを染め出して汚れた場所を分かりやすくします。食用色素が使われているので安全に使えます。
歯磨き方法

毛先がすぐ広がる!歯ブラシが1ヶ月でだめになる原因と3つの対策方法

歯ブラシの毛先がすぐに広がるには歯磨きの力加減が強いから。歯ブラシの交換時期の目安は1ヶ月に1回程度。もし歯磨きの力が強かったり、動かし方が大きいと歯や歯ぐきを傷つける原因になります。歯ブラシの持ち方や磨く場所、歯磨きの時の体勢を変えることで歯磨きの力加減をコントロール出来るようになります。
歯磨き方法

歯科衛生士流!赤ちゃんの歯磨きのやり方と乳歯ブラシの4つの選び方

赤ちゃんの歯磨き。仕上げ磨き用の歯ブラシの選び方や磨き方を紹介します。仕上げ磨き用の歯ブラシの選び方は毛先が柔らかで細いものや毛先が平らなもの。持ち方は鉛筆もちにして直角に当て軽い力で横に細かく動かしましょう。仕上げ磨きの体勢はママの膝の上に赤ちゃんがゴロンと寝かせたり、授乳の時の様に横抱きや対面で磨くなど臨機応変に変えていきましょう。
歯磨き方法

子供の歯茎が腫れて歯磨きで出血する!血が出る2つの原因と対処方法

仕上げ磨きの時に子供の歯ぐきから出血するときは、歯磨きの力は強くないか、歯肉炎になっていないかを確認しましょう。子供の歯ぐきはデリケートで傷つきやすいので歯磨きの力加減には注意が必要です。他にも口呼吸になっていないか、間食の摂り方、生えかけの奥歯の周りの歯磨きの方法、ストレスなどで唾液の量が減ることも歯肉炎の原因に。歯磨き方法や予防方法を紹介しています。
歯磨き方法

子供に電動歯ブラシは何歳から使っていいの?選び方とおすすめの使い方をプロが解説。

子供の電動ブラシの使用は4歳頃から。短時間で歯磨きができて、持ち手も大きく握りやすく当てておくだけで歯を磨いてくれるので、まだ一人で上手に磨けない子供には便利です。振動を面白がって子ども達が歯磨きを嫌がらずにできる可能性もあります。でも、値段が高い、使い方を間違えると歯や歯ぐきを傷つけるので使い方に注意が必要です。電動歯ブラシの選び方や使い方を説明します。
歯磨き方法

2歳の子供が歯磨きを嫌がるし口を開けない!イヤイヤ期を乗り切る裏技

歯磨きが嫌いな子や苦手な子の対策方法をまとめました。歯磨きを嫌がったり、怖がったり、首を振って拒否したり、歯ブラシを噛んで離さなかったり大暴れしたり子供によって嫌がり方はさまざまです。嫌がる原因で多いのが仕上げ磨きが痛い事。痛くない歯ブラシを選んで短時間で歯磨きが終わるように工夫していくことが大切です。寝かせ磨きが難しい時は対面など他の姿勢で磨いてみるなど工夫しましょう。
フッ素・キシリトールの効果

もう迷わない!ポスカとリカルデントとキシリトールガムの効果と違いを徹底比較。

ポスカとリカルデントとキシリトールの違いや特徴をまとめました。ガムを噛む時のポイントや時間などまとめています。キシリトールは砂糖の代わりに虫歯になりにくい甘味料のキシリトールが使われていますが、脱灰を修復する効果はありません。リカルデントやポスカは、再石灰化効果があり初期虫歯の修復が期待できます。ガムを噛むなら虫歯になりにくいキシリトールを噛んで、虫歯修復や口の中の環境の改善のためにリカルデントやポスカを選ぶのがオススメです。
スポンサーリンク