歯磨き方法

スポンサーリンク
歯磨き方法

歯磨きがめんどくさいし苦手な大人の方必見!短時でスッキリする裏技

歯医者で歯磨きの指導を受けたとき、 歯磨きの時間を長くする 丁寧に磨くと言われます。 磨き残しが多いなら歯ブラシを変えてみましょう。毛先が自然に歯ぐきの間に当たるように幅が広い歯ブラシを使ったり毛先が少し細いものや角度のあるものを使うだけでも磨き残しが減っていきます。苦手別の歯ブラシ選びをご紹介します。
歯磨き方法

電動歯ブラシの選び方であなたの口が快適に!歯科医も使うおすすめ品

ソニッケアーをおすすめする理由を説明します。電動歯ブラシは振動でプラークを除去していきます。音波ブラシは音波が高速の水流を作って口の中のプラークを除去します。超音波ブラシ(ソニッケアー)は音波ブラシよりさらに高い超音波が発生し、プラークを除去するだけでなく細菌も破壊してくれ歯ぐきへの効果も期待できます。ソニッケアーのオススメポイントは短時間でプラークを効率的に取れる難しいテクニックがなくても使える、歯の表面や歯ぐきを傷つけにくい、唾液腺を刺激して唾液の分泌が増える、ステイン除去効果が高い、グラスに入れるだけで充電できるし、USBでも充電できるの6つです。
歯磨き方法

7種類のフロスの効果を比較!おすすめの選び方と使い方を写真で解説!

フロスの種類と選び方を説明します。デンタルフロスには種類があります。滑りが良いワックスタイプ・プラークの除去効果が高いアンワックスタイプ・ホルダータイプ・口の中の唾液で膨らんで歯の間に入れるときの滑りも良くプラーク除去効果高いのエクスパンドタイプ・フッ素加工タイプ・細い線維でプラークを絡め取る効果が高いマイクロファイバータイプ・フィラメントタイプ。歯並びや器用さで選ぶ種類が変わるので目安になるポイントをご紹介します。
歯磨き方法

違いは何?子供用歯ブラシを大人が使わない方がいい5つの理由が面白い!

子ども用の歯ブラシは大人のものより毛と柄の部分が短くなってます。 毛が短いと、大人の口では、歯の間まで毛先が届きにくく磨き残しが増えます。大人が「子供用の歯ブラシ」を使っても力加減が強いので歯や歯ぐきを傷つける、歯の間など磨き残しが多くなるなどデメリットが多くなってしまいます。大人用の歯ブラシの選び方や虫歯や歯周病予防の方法を説明します。
歯磨き方法

奥歯の裏側や親知らずも磨きやすい!プロおすすめの歯ブラシの選び方

ワンタフトブラシは毛先が三角形のものや毛が長いものなど種類も豊富です。1番奥歯の裏側・生えかけの歯・半分歯ぐきに埋まっている歯・歯並びがガタガタな場所・歯ブラシや歯間ブラシでは磨きにくい場所・矯正器具の周り・嘔吐反射がある・つわりがある時・歯周病ではぐきが腫れ歯周ポケットが深い場所にも使いやすいので試す価値はあります。ワンタフトブラシの選び方や使い方を説明します。
フッ素・キシリトールの効果

フッ素洗口でうがいは子供におすすめ!虫歯予防になる効果的な使い方

フッ素洗口剤を家で上手く使う方法を紹介します。フッ素はを強くするフッ化ナトリウム。フッ素入り歯磨き粉や洗口液などを使うと、低濃度のフッ素がエナメル質表面に働いてフッ素量を増加させ虫歯菌に強くなります。歯医者のフッ素は高濃度。フッ化カルシウムが唾液にに少しずつ溶け出していきフッ素を再びエナメル質に作用させ歯を強くすることが出来ます。
歯磨き方法

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック

子供の永久歯の歯磨き方法や虫歯予防の方法を説明します。歯の生え変わりの時期には虫歯が多くなります。乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、前歯が生え変わる、6歳臼歯が生える、まだ乳歯はたくさん残っているなど、子供の口の中は大きな変化を迎える時期になります。この時期、まだ小さいあごに大きな永久歯が生えてくるため、今まであった「乳歯の歯の隙間」が閉じて歯の間の汚れが取りきれず磨き残しが多くなります。前歯や奥歯の歯磨き方法を歯科衛生士が具体的に解説します。 その結果、歯の間に歯ブラシが届きにくくなり、虫歯になる子が増えてしまいます。
歯磨き方法

絶対に子供の奥歯(6歳臼歯)を虫歯にさせない!痛くない虫歯予防はシーラントがおすすめ!

シーラントとは歯医者さんでする予防処置です。奥歯のかみ合わせ面の溝が深い歯(6歳臼歯など)生えて間もない奥歯はむし歯になりやすいところです。奥歯のかみ合わせ面の溝をプラスチックで埋めることで浅くして、むし歯になりにくくする処置です。ただし途中でシーラントが外れたり一部がかけると、虫歯になり広がっていくためメインテナンスが大切です。
フッ素・キシリトールの効果

フッ素の安全性をプロが解説!歯磨き粉は子供に危険?適正量を守れば害はなし。

フッ素はの使用量と安全性を解説します。体に吸収されたフッ素は血液の中へ入って、各組織へ運ばれていきますが大部分は腎臓から尿へと排出されていきます。それでも排出されなかったフッ素は、さまざまな組織で利用され骨や歯などに貯えられていきます。大量のフッ素を取ると急性中毒や慢性中毒などの危険がありますが、歯磨き粉や洗口剤の使用では問題ありません。
フッ素・キシリトールの効果

キシリトールガムの効果!おすすめの噛み方4選と虫歯予防になる7つの理由

キシリトールガムの効果的な噛み方は、1回2粒程度を1日3回噛む。2~3カ月は続ける。ガムを噛むときは、唾液を飲み込まず口の中で留めておく。味がなくなってもすぐ捨てず、最低20分は噛む。を守って噛むことで、キシリトールの効果が最大限に発揮されます。キシリトールガムは甘味によって味覚を刺激し噛むことで唾液の量が増え、プラーク中のカルシウムを増やすことで再石灰化の促進効果があります。虫歯菌はキシリトールをエサに出来ないので、歯を溶かす酸を作れません。ただしたくさん食べるとお腹がゆるくなるので食べ過ぎには注意.。成分表示をみると他の甘味料が入っていることがあるので注意して選びましょう。
スポンサーリンク