歯磨き方法

歯磨き方法

簡単に安く白い歯に!恥ずかしい歯の黄ばみを子育てしながら白くした30代主婦の記録

家で歯を白くするには美歯口30DAYSキットがおすすめです。歯医者でおこなうホワイトニングより3分の1の価格で試すことができ、普段の歯磨き粉として使うだけなので、3日坊主になることなくストレスなく続け使うことができます。定期コースなら初回は980円で試せ、気に入らなくても返金保証付きなので安心して試せます!
歯磨き方法

歯周病や口臭予防に効く歯磨き粉!プロポデンタルEXはおすすめできるのか歯科衛生士が使ってみた

歯周病や口臭予防に効果がある歯みがき粉の効果や特徴、金額などを紹介します。歯磨きしても口臭が気になる、朝口の中がネバネバする、歯磨きする度に出血する、歯ぐきが赤く腫れて炎症を起こしている歯周病の症状がある方は特にプロポデンタルEXでケアしましょう。歯周病になっても最初は痛みなどの自覚症状はありません。でも口の中のネバつきや歯ぐきが腫れて出血する、口臭などの症状が現れた時は歯周病が進行している証拠。歯医者で歯周病治療をして歯磨き方法を見直し、歯みがき粉も薬用のものに変えましょう。
歯磨き方法

ゴム製歯間ブラシと針金タイプの歯間ブラシはどちらがおすすめ?違いと効果を比較!

歯間ブラシの選び方を紹介します。ワイヤータイプの歯間ブラシが使いにくい時はゴムの歯間ブラシを使いましょう。特に、歯の間が狭い方、フロスが使いにくい方、知覚過敏の方、ワイヤータイプの歯間ブラシが苦手な方、インプラントが入っている方、鏡がない場所でも気軽に歯の間の掃除がしたい方は、ゴムタイプの歯間ブラシがオススメです。ゴムタイプの歯間ブラシなら柔軟性があるので、歯ぐきを傷つけるトラブルを防ぎながら歯ぐきに心地いい刺激を与え、歯の間の掃除ができます。
歯磨き方法

電動歯ブラシと手磨きは実際どちらが綺麗に磨けるの?効果の違いを徹底分析!

電動歯ブラシは、適切に使うことで効率的な歯磨きが出来る道具ですが、歯磨きのテクニック、歯磨きに対する意識、口の中の状況によっては、手で磨く歯ブラシの方がいい場合もあります。電動歯ブラシ(ソニッケアー)は手で磨く歯ブラシのように前後に動かすと歯の間や噛み合わせ面の溝などのプラークを磨き残してしまいます。ブラシを動かさず毛先を歯の間や噛み合わせ面に当て、しばらく動かさないように使うことが正しい使い方。毛先の広がり具合や歯ぐきの状態など定期検診でチェックしてもらいましょう。
歯磨き方法

着色しやすい歯の汚れの落とし方。衛生士が実践する自宅で簡単3つのステイン予防法。

家で歯の着色を取る方法。歯の着色汚れは歯並び、唾液の出る量、歯磨き粉の使い方、歯ブラシの種類、食生活、嗜好品の6つによって、付きやすい人と付きにくい人に「差」が出てしまいます。歯の黄ばみや着色が気になるけど、歯医者に行く時間はないし、ホワイトニングは高いし、でも白い歯になりたい」という時は①歯ブラシの選び方を見直す②自分の歯で着色が付きやすい場所を知る③歯磨き粉の選び方を見直す、3つの方法を実践すれば、家にいながら着色汚れがかなり気にならなくなります。
フッ素・キシリトールの効果

【歯磨き粉】歯科衛生士が本当におすすめする、症状別の選び方と効果が出る使い方。

自分の口の中の症状になった歯磨き粉選びを紹介します。歯磨き粉にはフッ素による虫歯の予防、研磨剤による着色除去、 知覚過敏の緩和、歯周病予防、歯ぐきの炎症を抑える いろんな効果があります。 寝てる間は唾液の量が少なくなり自浄作用や再石灰化の低下、さらに細菌が増えやすくなり、虫歯のリスクが高くなります。歯磨き粉の選び方や使い方のポイントを説明します。
歯磨き方法

歯が伸びた?歯科衛生士が教える、歯茎が下がる4つの原因と予防法

歯ぐきが下がる歯肉退縮は、歯ぐきが痩せて下がってしまった状態のことです。 歯ぐきの退縮は歯ぐきに大きな刺激や力がかかることで引き起こされます。 加齢や歯周病、間違った歯磨き、歯ぎしりなどが原因が考えられます。歯ぐきが下がった場所は汚れが付きやすく、虫歯のリスクが高くなります!また、冷たいものや歯ブラシの刺激で痛みが出る「知覚過敏」の原因にもなってしまいます。1度下がった歯ぐきを元に戻すことは、簡単なことではありません。しかし毎日のケアで進行を遅らせることもできます。歯肉退縮の原因や予防する方法を説明していきます。
フッ素・キシリトールの効果

虫歯にならないお菓子がある!チョコレートや飴やガムで虫歯予防ができる秘密。

虫歯にならないチョコや飴やガムなどのお菓子があります。甘味料には歯にいい甘味料と悪い甘味料があります。体にいい食品の選ぶ基準として特定保健用食品の「トクホ」があります。歯科関係のチョコレートやガムやアメなどの食品も虫歯の原因になりにくく再石灰化が期待できます。歯科関連のトクホに使われている甘味料は虫歯になりにくい代用糖を使っているので「歯にいい甘味料」です。
歯磨き方法

裏技あり!歯間ブラシが入らないし痛いのは使い方が間違っているから。正しい3つの選び方

歯間ブラシのサイズの選び方は歯の間に入れた時に①ワイヤー部分が歯に当たらないこと②毛先が両隣の歯に適度に当たっていること③入れた時「気持ちいい♪」感覚があることの3つのポイントを意識して選んでみて下さい。歯の間を掃除する歯間ブラシの効果的な使い方と注意点を紹介します。歯と歯の間や1番奥歯の後ろやブリッジの下や矯正装置のボタンの周りに使えて便利です。持ち手も前歯の掃除にはI字型、奥歯の掃除にはL字型がオススメ。ワイヤー部分は折り曲げる事が出来て、角度の調節が可能で使い方も簡単です。
歯磨き方法

難しいテクニックなし!大人の歯磨き嫌いは歯ブラシの選び方を変えれば克服できる!

歯医者で歯磨きの指導を受けたとき、 歯磨きの時間を長くする 丁寧に磨くと言われます。 磨き残しが多いなら歯ブラシを変えてみましょう。毛先が自然に歯ぐきの間に当たるように幅が広い歯ブラシを使ったり毛先が少し細いものや角度のあるものを使うだけでも磨き残しが減っていきます。苦手別の歯ブラシ選びをご紹介します。
スポンサーリンク