誤飲や歯の脱臼

スポンサーリンク
誤飲や歯の脱臼

子供が夜間や休日に急な熱やケガや病気に備えた、病院以外の3つの連絡先。

子供の急な発熱や怪我などの体調不良のときの対処方法や連絡機関を紹介します。特に日本中毒情報センター、医療情報ネット、小児救急医療電話相談#8000は覚えておきましょう。夜間や休日の急な怪我や病気には救急医療をつかいます。そのため軽い症状の場合には、翌日にかかりつけの病院を受診しましょう。救急医療はあくまで緊急事態に備えているものなので、人手や設備には限りがあります。しかも診療も1日限りで処方される薬は1日分が原則ですから、なるべく早めにかかりつけの病院を利用しましょう。
誤飲や歯の脱臼

赤ちゃんが誤飲したかも!すぐ病院?元気なら様子を見ていいの?対処方法まとめ。

赤ちゃんが万が一誤飲した時の対処方法をまとめました。誤飲はなにを飲み込んだかで対処方法が変わります。とがったり毒性のないもので、飲み込んだあとも赤ちゃんの機嫌がいいのならそのまま様子をみましょう。背中を叩いても外に吐き出さず、様子がおかしいときやボタン電池など危ないものと飲み込んだときは急いで病院へいきましょう。判断に困ったときは#8000で確認してみましょう。赤ちゃんが呼吸がおかしい、涙目で咳をしている、えづいている、顔色が悪い、グッタリしている症状がある場合は、誤飲してしまった可能性が高いです。
誤飲や歯の脱臼

トイレトレーニングはいつから?始め方とやり方は?おむつ外しの疑問をプロに聞いたまとめ。

トイレトレーニングの開始時期や具体的な方法を解説します。トイレトレーニングを始める時期は1歳半〜2歳頃を一つの目安にしましょう。言葉や動作を理解できるようになった。おしっこの間隔が2時間くらいあくようになった時期をみて始めていきます。方法は、おむつを外したらパンツもしくは何も履かせず過ごし、2時間に1回はトイレに座らせるようにします。失敗しても怒らないことが大切です。大きな気持で見守りましょう。
誤飲や歯の脱臼

子供が永久歯の前歯をぶつけた!抜けたりグラグラしている時の対処方法7選!

転んだり事故で歯をぶつけた時の対処方法をまとめました。出血している部分があれば止血し口の中の血は吐き出させます。血が混じった唾液を飲むと吐いてしまう原因になるので吐き出させ、気道を塞ぐものが口の中にあれば取り出します。怪我をした部分は、数日は歯磨きをしても痛いため、ほぐした綿棒にうがい薬や水を含ませて汚れを取って歯にくっつきやすい砂糖は控えておく方が良いです。
スポンサーリンク