口の中のトラブル

口の中のトラブル

何度も繰り返しできる口内炎の原因は?正しい治し方を知って予防しよう!

口内炎になる原因や予防方法を解説します。アフタ性口内炎の原因は免疫低下・細菌による炎症・自分で噛んでしまった刺激・合わない詰め物などの刺激などが主な原因とされています。治療には経過観察をしてステロイド薬や貼付薬や噴霧薬を使用して治していきます。痛みが強い場合はレーザーで治療をすることもあります。歯磨きやマウスウォッシュ洗口液でうがいで口の中を清潔にすることも大切です。
口の中のトラブル

赤ちゃんの舌や粘膜が白くなる2つの原因。白い汚れが取れないときは要注意!

赤ちゃんの舌が白いのは母乳やミルクかすですが、口腔カンジダ症が原因のこともあります。口腔ガンジダ症は口の中に常在するガンジダというカビによる感染症です。白い斑点が頬っぺたの粘膜や舌や唇や上あごなどにもみられ、赤ちゃんが口に入れるおもちゃやママの乳首や哺乳瓶の乳首などが不潔なときや、カビが口の中に入ったり出産時にカンジダに感染することもあります。予防方法について説明します。
口の中のトラブル

え、これ白板症?頬や舌や歯ぐきが白くて取れない時は病気の疑いあり。

口の中に白い部分がある時は白板症を疑ってみましょう。白板症とは、口の中の粘膜や舌や歯ぐきにみられる白い角化性の病変で40歳以上の男性によくみられます。自覚症状はないですが状態によっては、ただれたり食べ物などがしみて痛みがある場合もあります。表面が白く濁って触ると硬い。原因は不明ですがタバコ・歯磨きによる刺激・刺激の多い食べ物・合わない被せもの・ビタミンAやBの不足も考えられます。
口の中のトラブル

頬っぺたの内側に線状の白い筋がある原因は100%「あの癖」を疑ってみるべし!

朝起きて頬っぺたや舌に「白い線」やデコボコ痕が付いている原因は、睡眠中の「噛みしめ」にあります。わたし達は普段、ストレスがあったりパソコンやテレビに集中している時など、無意識に歯を噛んでいます。歯を噛まなくなる方法を紹介します。
口の中のトラブル

コツはたった1つ!子供が絶対に嫌がらない仕上げ磨き方法と痛がらない優しい歯の磨き方。

仕上げ磨きや歯磨きを子供が嫌がる原因は、大人の磨き方が痛いから。力が強くなり過ぎないためには、歯ブラシを持つ手を子供の顔に添えて固定すること。安定した力加減で細かいところまで正確に磨けます。固定しないと安定せず力を抜いて歯磨きが出来ません。歯ブラシを持つ手が宙ぶらりんでいれば、大きく動く動かしすぎ、力が入りすぎてしまうんです。適切な力加減や固定の方法を紹介します。
口の中のトラブル

上の歯茎が腫れ「赤いできもの」が出来た!原因と治療方法をスッキリ解決!

歯ぐきに赤いコブのようなものができた時の原因や対処方法について解説します。エプーリスとは、歯ぐきにみられる良性の腫瘤で「できもの・こぶ」みたいなもの。触った時に痛みがあったり、出血があったり、歯の周りの骨が吸収されることもあります。プラーク中の細菌や歯石などの炎症が原因のため歯医者で歯のクリーニング、うがい薬や柔らかめの歯ブラシでの歯磨きを使って、歯と歯ぐきの間を優しく磨きましょう。
口の中のトラブル

あれ?白い模様が両側の頬っぺたの内側にある!ヒリヒリした痛みの原因と治療方法とは

白いレース状の模様が頬っぺたの内側にできた原因と予防方法を紹介します。扁平苔癬は口の中では頬っぺたの粘膜に見られ、唇や舌や歯ぐきにも現れることがあります。レース模様や網状や線状などの白斑や白色線と紅斑があるのが特徴的です。原因はストレスや免疫や金属アレルギーの関係などが考えらます。痛みが強い時には副腎皮質ステロイドホルモン剤を塗布することもありますが、長期的に経過をたどることが多いです。
スポンサーリンク