矯正治療

スポンサーリンク
矯正治療

矯正治療の痛みは2種類ある!痛みを和らげる方法と装置が外れた時の応急処置。

矯正中の歯が動くときの痛みや矯正器具が唇や頬っぺたなどに当たって痛い、 器具が当たって痛い時はワックスを使います。ワイヤーの端っこが頬っぺたに当たって痛かったり装置が外れたり当たって歯ぐきや唇が傷ついたなどのトラブルはよく起こります。装置が外れたまま放っておくと歯が変な動きをすることもあるので、対処方法をまとめました。
矯正治療

矯正中に注意したい食べ物は2つ!歯が動いて痛い時のおすすめの食事は?

矯正治療中の食事で気を付けたいものを紹介します。痛みがある時の食事方法についても説明します。矯正中はガムやキャラメルやお餅などくっつきやすいものは装置が外れてしまうことも。せんべいや氷や飴玉など大きくて硬いものはガリガリ噛むとその衝撃で装置が外れる原因になります。噛む位置によってワイヤーが折れたり、曲がってしまうこともあります。痛い時は、うどんやおかゆなど柔らかいものを食べましょう。
矯正治療

歯科矯正中も声楽や吹奏楽部で楽器は吹ける?ホルンやトランペットの音への影響は?

矯正治療中も吹奏楽や楽器を吹くことや声楽も出来ます。トランペットやホルンなど唇を楽器にあて音を出す楽器は装置が唇に当たって、傷が出来て痛みが出ることも。クラリネットなどくわえて音を出す楽器は歯に力がかかり出っ歯や前歯の間に隙間が出来たり、矯正中の歯の動きを邪魔して治療期間が長くなってしまう可能性もあるんです。普通の表側からつけている矯正装置なら、発音には影響がないのですが、歯の裏側に付ける「あごを広げる装置」や「裏側からの矯正装置」を付けた場合は注意が必要です。
歯並びを悪くする子供の癖

いつから乳歯の歯並びは矯正する?早い時期に子供の矯正治療を開始すべき3つのメリット!

乳歯の歯並びが悪くなる原因と治療時期について解説します。基本的に「乳歯の歯並び」は、奥歯が生える2歳半〜3歳頃までは様子を見てみましょう。乳歯の奥歯が生えてくれば、あごも安定して自然に噛み合わせが直る事も多いです。もし、乳歯の「噛み合わせ」が気になっても、3歳児健診の時に診てもらうのでも遅くありません。唇をかむなど「あごに負担がかかる癖」や頬杖など「悪い姿勢」で、簡単に歯並びやあごの成長にも影響が出てしまいます。
矯正治療

矯正治療中でも運動はできる?制限がある?怪我をしないための対策方法

矯正治療中のスポーツは可能です。でもラグビーや柔道の激しくぶつかり合うスポーツは避けたほうがいいです。サッカーや野球などボールが口に当たる衝撃で口の中を切ったり装置が外れたり、壊れてしまうこともあるのでマウスピースを使って歯を覆うこともあります。取り外し式のマウスピース型の矯正治療なら、どんなスポーツでも出来る可能性が高くなります。
矯正治療

治療費が戻ってくる!子供の矯正治療も医費控除の対象になるって知ってますか?

子供の矯正治療にかかるお金は、医療費控除の対象になりますが、大人の場合は「見た目を美しくする」ためなら医療費控除の対象外になります。医療費控除とは自分や家族がが1/1~12/31に支払った医療費が10万円を超えた場合に、税務署で確定申告すると、その年の所得から差し引いてもらえる還付制度です。税務署に毎年2/16~3/15の間に申告します。
矯正治療

歯列矯正中におすすめグッズ!矯正用歯ブラシと虫歯予防に効果的な磨き方

歯列矯正中の歯磨き方法や使った方がいい歯ブラシや歯磨き粉を紹介します。矯正中はブラケットやチューブなど装置も複雑で歯磨きしにくいうえに、虫歯のリスクも高くなります。歯ブラシや歯間ブラシやワンタフトブラシを使って上・下・真上の3方向から磨いたり、詰まった汚れを取る方法を紹介します。子ども達には慣れるまでは仕上げ磨きを。歯ぐきの間も磨かないと歯肉炎や歯周病の原因になります。
矯正治療

歯科矯正で歯が動く速さやスピードはどれくらい?【歯が動く仕組み】

矯正治療で歯が動く速さやスピードは1ヶ月で約1mm程度です。ただし「歯を噛む癖」があると治療期間が長くなります。歯列矯正で歯が動く仕組み、矯正治療後も綺麗な歯並びをキープできる方法を説明します。
矯正治療

歯列矯正後に後戻りする原因2つと予防法!やり直したい時の費用や期間

矯正治療後の後戻りの原因や予防方法、やり直しの金額の目安や期間について紹介します。リテーナーを使わない・舌癖で歯を押す・噛みしめなどの癖があると後戻りをする可能性が高くなります。歯列矯正後も長く綺麗な歯並びでいる秘訣を紹介します。
歯並びを悪くする子供の癖

赤ちゃんの顎が出てる!しゃくれになる3つの原因といつから直すか目安を解説

赤ちゃんが顎を前に出す理由や、しゃくれや受け口になる3つの原因と予防方法を紹介します。赤ちゃんの受け口は基本的に3歳頃までは様子をみていて大丈夫です。ただし3歳以降も受け口が直らない時は、注意しましょう。治療時期の目安も紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました