矯正治療

スポンサーリンク
歯並びを悪くする子供の癖

赤ちゃんの指しゃぶりはいつまで?3歳4歳までにやめさせる9つの方法

指しゃぶりのやめさせ方や歯並びが悪くなる理由を解説します。指しゃぶりを続けると上の前歯が前に出る、上と下の前歯の間に隙間があく、奥歯が横にズレて前歯の中心が合わないなど噛み合わせや歯並びにも影響します。歯の間に隙間があくと舌を歯の間に入れる悪い癖が出ることもあります。4歳までの指しゃぶりは治る可能性がありますが、4歳以降も続くときは歯並びに影響がでる可能性があります。子供の指しゃぶりのやめさせ方を紹介します。
歯並びを悪くする子供の癖

おしゃぶりは何歳まで使っていいの?いつまでも使うと歯並びに良くない理由とは。

赤ちゃんのおしゃぶりのメリットとデメリットを紹介します。精神的安定、泣き止む、静かになる、ママのストレスが減る一方で長く使うと噛み合わせが悪くなる、なぜ泣いてるのか大人が考えずに与えてしまう、あやしたり言葉をかける事発する機会が減ってしまう可能性もあります。おしゃぶりを使うなら1日中使うのではなく、機嫌が悪い時や眠い時など、使う場面を決めて上手に付き合っていきましょう。おしゃぶりの影響、やめさせ方を紹介します。
歯並びを悪くする子供の癖

子供のあごを大きくする!顎が小さくて歯並びが悪くなる3つの原因と予防方法

歯並びの「良い・悪い」は遺伝的な要因もありますが、生まれてからの生活習慣や食生活の影響も大きな要因です。子ども達を綺麗な歯並びにするには、普段の何気ない口呼吸をはじめとする「癖」を見直すことと同時に、食事をよく噛む事がとても大切です。歯並びが悪いのは歯よりもあごの骨が小さく成長してない問題の方が大きいのです。原因はハンバーグやオムライスなど柔らかく噛まなくていい食生活。あごの骨を広げて歯並びを良くする方法を紹介します。
歯並びを悪くする子供の癖

原因不明の治らない偏頭痛や肩こり!辛い症状の解消方法あの癖を直せ!

肩こりや頭痛や首のコリの原因は「噛みしめ」の可能性があります。歯が接触していると、それだけで周りの筋肉も緊張して力が入ってしまい顔や頭の筋肉が収縮し、首や肩やこめかみの筋肉を緊張させ筋肉が硬くなって血流も悪くなり、頭痛や肩こりの原因になってしまいます。歯ぎしりや噛みしめは軽い力でも長い時間、歯が接触していると歯や周りの組織にダメージを与えます。何かに夢中になっている時、ストレスを感じている時、重たい荷物を持つ時などにグッと力を入れた時、無意識に歯を噛んでいる事が多いのです。噛んでる事が癖になっている人の噛みしめの直し方を紹介します。
歯並びを悪くする子供の癖

くちゃくちゃ食べの直し方!子供が音を立てて食べる原因と対策方法2選

子供が無意識のうちに口が開いている、食事中にクチャクチャ音がする食事の時に頭がよく動く、食べこぼしが多い、唇や頬っぺたや首の力を使わないと飲み込めない、舌足らずな話し方で、特に「サ行」「タ行」が言いにくい場合は、舌や口の周りの筋力不足や普段の姿勢に問題があります。食事をよく噛めるように工夫することはもちろん、日常生活の中でも姿勢を正すことが、子供の「食べ方」や「滑舌」を良くするポイントです。
歯並びを悪くする子供の癖

赤ちゃんが口に入れる時期はいつまで続く?何でも舐める大事な2つの理由

赤ちゃんが舐めまわしをする意味ややめる時期について紹介します。赤ちゃん舐める理由は「それ」が何なのか確かめて、病気に負けない体をつくる大切な2つの意味があり、1歳半頃までは続く事が多いです。生まれながらに赤ちゃんは口で探る機能が身についています。口や唇の感覚はとっても敏感で口で触った感触から大きさ・形・硬さなどを探って、まるでセンサーみたいな働きをしています。
歯並びを悪くする子供の癖

口呼吸の原因と治し方!口を閉じる子供に大変身する6つの改善方法

口呼吸の原因と対策 。口呼吸を直す方法を紹介します。口が開いていたら声をかける、食事をよく噛む、歯並びの問題は専門医に相談する、鼻の病気を治す、あいうべ体操などがあります。常に口が開いていると口の中が乾燥しやすく虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。口呼吸を直すためには、まずは意識して口を閉じて「鼻呼吸」にすることが大切です。遊びながら楽しく口呼吸を直す方法もあります。
歯並びを悪くする子供の癖

舌を前に出して食べる「迎え舌」の子供は要注意!原因は?2つの改善方法は必見!

「迎え舌」で食べる子ども達の原因は、赤ちゃんの時期に「正しい舌の動かし方」を身につけられなかった、舌を前に出す癖がある2つの原因が考えられます。「迎え舌」の癖が治らないまま成長してしまえば、食べ方も汚くなるし、滑舌が悪くなったり、口が開いたままのだらしない顔になってしまいます。子ども達の「迎え舌」を見つけたら食事をよく噛ませる、舌を上あごにつけるよう練習することで、口や舌の筋肉をつけましょう。子ども達が「無意識」にやっている迎え舌などの悪い習慣を見逃さないことが、将来起きるトラブル回避につながります。
歯並びを悪くする子供の癖

前歯がかみ合わない歯並びの治療方法!麺類が噛みきれない5つの原因

上下の前歯に隙間ができる歯並びの原因や簡単にできる予防方法を紹介します。噛みにくい、息がもれて発音しにくい、口呼吸の癖がつく、見た目にも影響します。普段のちょっとした癖で起こってしまう歯並びだからこそ舌の位置を気をつける、噛みしめをしない、歯に力がかかる癖を治すことを気を付けることが予防になり、矯正治療も成功しやすくなります。
矯正治療

早く矯正治療を終わらせたい!矯正期間を短くできるインプラントのメリットとデメリット。

インプラントで矯正治療をするメリットとデメリットをまとめました。矯正治療の多くはマルチブラケット装置です。ブラケットをボンドで付けワイヤーを通して骨の中で歯を動かしていきます。矯正で使うインプラントは、「小さなネジ」を1~2mmあごの骨に埋め込むだけ。麻酔をして埋め込んでいくので30分もかからず完了です。出血もほとんどなく、術後の痛みもほとんどありません。埋め込んだネジを支点にして歯を引っ張ることで、短時間で効率的に歯を動かせるメリットがあります。インプラントは歯と違って歯根膜がないので、力をかけてもインプラント自体は動かず強い固定源になります。
スポンサーリンク