歯並びを悪くする子供の癖

スポンサーリンク
歯並びを悪くする子供の癖

前歯がかみ合わない歯並びの治療方法!麺類が噛みきれない5つの原因

上下の前歯に隙間ができる歯並びの原因や簡単にできる予防方法を紹介します。噛みにくい、息がもれて発音しにくい、口呼吸の癖がつく、見た目にも影響します。普段のちょっとした癖で起こってしまう歯並びだからこそ舌の位置を気をつける、噛みしめをしない、歯に力がかかる癖を治すことを気を付けることが予防になり、矯正治療も成功しやすくなります。
歯並びを悪くする子供の癖

いつから乳歯の歯並びは矯正する?早い時期に子供の矯正治療を開始すべき3つのメリット!

乳歯の歯並びが悪くなる原因と治療時期について解説します。基本的に「乳歯の歯並び」は、奥歯が生える2歳半〜3歳頃までは様子を見てみましょう。乳歯の奥歯が生えてくれば、あごも安定して自然に噛み合わせが直る事も多いです。もし、乳歯の「噛み合わせ」が気になっても、3歳児健診の時に診てもらうのでも遅くありません。唇をかむなど「あごに負担がかかる癖」や頬杖など「悪い姿勢」で、簡単に歯並びやあごの成長にも影響が出てしまいます。
歯並びを悪くする子供の癖

赤ちゃんがあごを出して受け口になる3つの原因と直し方!矯正治療する時期はいつから?

赤ちゃんの受け口は基本的に3歳頃までは様子をみていて大丈夫です。上下の前歯の生えてくる8~10ヶ月頃、赤ちゃんは前歯を噛み合わせようとして下のあごを前に出すような動きをする事があります。しかし乳歯の奥歯が生え始めて上下が噛んでくるとかみ合わせも安定します。他にも骨格の問題や歯の生え方の問題、癖が原因でも受け口になります。反対のかみ合わせになる原因や予防方法について解説します。
スポンサーリンク