矯正治療

スポンサーリンク
矯正治療

下の前歯がガタガタになる4つの原因と今後歯並びで悩まない為の秘訣

歯並びは大人になってからも悪くなります。特に下の歯並びは悪くなりやすいです。下の歯並びがズレる原因を加齢、口呼吸歯ぎしりなどの歯を噛む癖、虫歯や歯周病に分けて原因別の対処方法を紹介します。
矯正治療

歯の裏側からの目立たない矯正治療と取り外し式マウスピースのメリットとデメリット

目立たない矯正装置には、白色の装置を歯の表側に付けて目立たなくする方法、裏側に矯正装置を付ける方法、取り外し式のマウスピース型で治療する方法、上の歯は裏側から下の歯は表側から付ける方法と種類があります。金属アレルギーでも使える白や目立たない色のワイヤーや装置やマウスピースでの矯正や、裏側から行う矯正もあります。喋りにくかったり、料金が高くなったり、自己責任で装置を使ってもらったり、ガタガタのひどい歯並びの治療には使えないなど、装置ごとのメリット・デメリットも紹介しています。
矯正治療

抜歯しない矯正で失敗しない!矯正治療で歯を抜く・抜かないメリットとデメリット。

矯正治療では抜歯することも多いです。子供の場合はあごを広げることで非抜歯になる可能性もあります。でも骨の成長が止まった大人の場合は小臼歯を前後左右4本抜いて歯が並ぶ隙間を作っていきます。虫歯や歯の根っこの状態が悪い歯があれば優先して抜くことも。抜歯した後の隙間は、治療中に閉じていきます。抜歯のメリットやデメリットについて説明します。
矯正治療

【矯正歯科の選び方】病院選びのポイントや矯正治療の流れを歯科衛生士が解説します。

矯正治療の流れや病院の選び方を紹介します。矯正を始める前に初診で歯並びや噛み合わせなど今の状態を診てもらい、治療の可能性や限界や治療途中の引越しの際の対応なども聞いておきましょう。治療前にレントゲンの撮影や顔や口の中の写真や上下の歯型など資料を取ります。治療方法・歯を抜く抜かない・期間・どんな装置を使うのか・治療費の合計・支払い方法なども聞いておくと安心です。矯正治療は2~3年かかり、外した後の保定期間は2年程、全部で5年程度のお付き合いになるので、病院選びは慎重にしましょう。病院選びに迷った時は、矯正専門医の病院で治療した方がオススメだし確実です。
矯正治療

歯並びがガタガタでコンプレックス。歯科矯正をしようか考えている大人の方へ伝えたいこと。

矯正治療を考えているなら、まだ、あごの成長が残っている子供のうちに開始したほうがオススメです。あごの土台をキチッとつくることで、その後の歯並びや口の使い方にもいい影響が出る可能性が高くなります。矯正治療は力をかけ歯を骨の中を移動させる治療です。ガタガタの歯並びを綺麗にし正しい噛み合わせにして整った口元にします。放置すると歯が抜ける危険がある、時期を逃すと矯正が難しくなる、歯が埋まっていて生えてこない、生えるのが著しく遅い歯がある、全く違う場所に生えてしまった場合には早めに治療を開始し他が安心です。
歯並びを悪くする子供の癖

簡単4つの食べこぼし対策は効果抜群!食べ方が汚い子供のイライラから解放されよう!

子供の食べこぼしが多い時や食べ方が汚い時の原因と対処方法を紹介します。他にも「迎え舌」になっている、飲み込むときに舌が前に出る、食事の時頭がよく動く、クチャクチャ音を立てて食べる、食べこぼしが多い、唇や頬っぺたや首の力を使わないと、飲み込めない「話し方」や「食べ方」や「飲み込み方」に問題がある場合は、「舌の動きの悪い」可能性を疑ってみましょう。口や舌がうまく動かせるようになれば、食べこぼしが多い子や飲み込みが下手な子の食べ方も、かなり綺麗になっていきます。
矯正治療

顔の歪みや曲がっているあごの治し方!気になる顎のズレを直す治療方法

顎変形症とは受け口や開咬や出っ歯、あごの骨の非対称であごのバランスが原因で、歯並びが悪くなり外見にもコンプレックスを感じます。成長期の子どもは、矯正治療であごの成長のコントロールが可能ですが、骨の成長が止った大人は矯正治療と外科手術であごを長くしたり短くし治療します。国の認定を受けた病院なら保険で治療できます。顎変形症の治療には、「術前矯正」と「術後矯正」があり手術前の術前矯正で「あごをどの位置にするか」決めていき、手術後の術後矯正で治ったかみ合わせの調整をしていきます。かみ合わせが改善されれば、普通の矯正治療と同じように装置を外して、後戻りしないように保定装置を入れます。
矯正治療

歯列矯正の治療中、虫歯や親知らずが生えてきた時の抜歯や治療のタイミング。

矯正治療中は、虫歯になったり親知らずが変な向きで生えるなどさまざまなトラブルが考えられます。歯を並べるときに邪魔になれば抜歯する場合もあります。トラブルが起きれば、その分、治療期間も延びてしまいます。矯正器具が付くと、歯の周りは特に磨きにくくなります。矯正中、特に磨き残しが多い部分は矯正装置の周り、歯の間、歯ぐきとの間の3か所。矯正治療中のトラブルについて説明します。
歯並びを悪くする子供の癖

子供の歯並びが悪い3つの原因。歯列矯正なしでも良くする方法はある!

子供の歯並びがガタガタの歯並びになる原因は、歯の大きさとあごの大きさのバランスが悪い・虫歯で歯を失ったり、乳歯が早く抜けてしまった・唇を噛んだり、頬杖などの癖と大きく3つの原因が考えらます。あごの形態は遺伝的な要因も関係していますが、環境も大きく影響しています。わたし達ママができることは、赤ちゃんは母乳で育てる・哺乳瓶はビーンスタークを使う・離乳食(食事)はよく噛んで食べさせる・歯並びに影響する癖をやめさせたり、矯正治療を考えることです。
矯正治療

矯正治療体験者が語る。大人になって歯並びを直して良かった事とデメリット。

歯並びが悪いと、歯が重なっている部分に影ができ、歯や歯ぐきが綺麗でも口元がなんだか「暗く」見えてしまいます。実際に矯正治療をして感じたメリットとデメリットを紹介します。口元を綺麗にしたいなら歯や歯ぐきだけでなく「歯並び」も治してあげる方が顔の印象を明るく変えられる方法です。
スポンサーリンク