虫歯・歯周病予防

スポンサーリンク
歯磨き方法

歯周病や口臭予防に効く歯磨き粉!プロポデンタルEXはおすすめできるのか歯科衛生士が使ってみた

歯周病や口臭予防に効果がある歯みがき粉の効果や特徴、金額などを紹介します。歯磨きしても口臭が気になる、朝口の中がネバネバする、歯磨きする度に出血する、歯ぐきが赤く腫れて炎症を起こしている歯周病の症状がある方は特にプロポデンタルEXでケアしましょう。歯周病になっても最初は痛みなどの自覚症状はありません。でも口の中のネバつきや歯ぐきが腫れて出血する、口臭などの症状が現れた時は歯周病が進行している証拠。歯医者で歯周病治療をして歯磨き方法を見直し、歯みがき粉も薬用のものに変えましょう。
虫歯・歯周病予防

毎日の歯磨きで血が出る原因は?突然の出血を止める2つのテクニック

口臭や歯周病予防に効果的な歯みがき粉を紹介します。なたまめ柿渋歯磨きは、合成界面活性剤や合成発泡剤など不要な成分は一切配合してない、自然派の歯磨き粉です。そのため口臭予防はもちろん歯周病などで傷ついたデリケートな歯ぐきにも安心して使うことができるんです。効果的な使い方や成分など実際に使った写真を混ぜて丁寧に紹介しています。
虫歯・歯周病予防

低刺激のマウスウォッシュで朝の口臭やネバつきが予防できる納得の理由

シシュテックは刺激が少なく低刺激のマウスウォッシュです。歯周炎予防、歯肉炎予防、口臭予防、歯を白くする、虫歯を防ぐ、口の中を浄化する、口の中を清潔にするなど7つの効果が期待できるマウスウォッシュです。使った後もピリピリせず続けやすいのも特徴です。実際に使ってみた感想や感じたデメリットを分かりやすく解説します。夜念入りに歯磨きしても朝の口のニオイが気になっている方はニオイとストレスを軽減させる為にもシシュテックを使う意味は大きいです。
虫歯・歯周病予防

加齢だけじゃない!下の前歯がねじれたり歯並びが悪くなる5つの原因!

歯は歯周病や噛みしめ歯ぎしりで動いてしまいます。「歯が動いてきた」「歯が伸びてきた」「隙間が開いてきた」と徐々に歯並びが変化してくるのは自分で動かしているから。歯が動く原因は年をとって口の周りの筋肉が衰えた、舌癖で歯が舌に押されて前に出た、噛みしめで奥歯が内側に倒れて歯列が狭くなり前歯がガタガタになった、歯周病で歯ぐきが悪くなって歯が傾いた、虫歯や歯周病で歯を失いできた隙間に隣の歯が動いた、歯がない場所に「噛みあう歯」が伸びたなど日常の癖や筋肉の使い方や歯ぐきの状態で歯は動きます。歯周病で歯が浮くのは歯根膜が腫れ歯が浮いてしまうのが原因です。噛みしめも加わればさらに歯は動きやすくなってしまいます。予防方法や治療方法をまとめました。
虫歯・歯周病予防

フッ素入り歯磨き粉はうがいの回数で効果と濃度が決まる!上手な4つの使い方。

フッ素入りの歯磨き粉の効果的な使い方。フッ素入り歯磨き粉を使う時は3分間は磨く、途中で吐き出す回数を減らす、最後はブクブクうがいを2回ほどして終了、磨いた後飲食しない方法を守って上手に使いましょう。フッ素入り歯磨き粉で0.5gで歯磨きした場合、1時間以上歯の再石灰化を促進してくれるフッ素が唾液の中に含まれます。途中の吐き出しや最後のうがいを少なくしてフッ素を口の中に残すことで低濃度のフッ素をまた歯の表面に働かせていることになり、歯を強くする効果が期待できます。
虫歯・歯周病予防

朝起きたら口が臭い原因は?寝起きの口臭を減らす7つの予防方法は必見です。

口臭の種類。朝起きたときの生理的口臭、食べ物、蓄のう症(副鼻腔炎)や慢性鼻炎、歯周病、虫歯、心因性の口臭などの原因があります。昼は唾液で、口の中の汚れは洗い流されてます。夜は唾液の量が減ってしまいます。口の中に磨き残しがあれば、細菌が増えてにおいの原因物質がたくさん作られてしまいます。
虫歯・歯周病予防

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

家で自分でできる虫歯や歯周病予防。歯ぐきがブヨブヨする、口臭が気になる、歯磨きすると歯ぐきから血が出る歯周病や、虫歯がよくできる。虫歯や歯周病になる原因は歯に付いているプラークが取り切れていないから。特に歯の間のプラークを取ることが予防の第一歩!歯磨き方法やポイントを詳しく説明しています。
虫歯・歯周病予防

あれ?歯が動く気がするけど治るの?歯が揺れる6つの原因と治療方法とは

歯が動揺する原因には、健康な歯が動揺する(生理的動揺)、歯周病が原因で骨が吸収されて起こる動揺、噛みしめなど異常な力が歯にかかって起こる動揺、歯の根っこが折れて起こる動揺、外傷による動揺、根尖性歯周炎で動揺(根っこの先から歯の周りの組織に炎症が起こること)の理由があります。原因によって治療方法や対処方法も変わります。歯の動揺の種類や予防方法について説明します。
虫歯・歯周病予防

コーヒーや茶渋が原因の着色は売上1位の歯磨き粉でステイン除去できる

毎日、丁寧に歯磨きしていても、研磨剤なしの歯磨き粉を使ったり歯磨き粉を使ってないと着色しやすくなります。歯の着色を防ぐには研磨剤が入っている歯磨き粉を使いましょう。でも磨きすぎると歯の表面を削ったり歯ぐきにもダメージを与えてしまいます。歯の表面が傷つくとステインなど着色汚れが入りやすくなってしまいます。同じように生活していても、着色がつきやすい人とつきにくい人がいるのは歯並び、歯磨きの方法、食生活、歯磨き粉の使い方の違いから。もし、歯の黄ばみや汚れが気になる、歯磨きしていても着色する、接客など人と接する機会が多い、ホワイトニングは費用が高い、歯医者に何度も通う時間がない時はぜひ歯磨き粉で着色除去しましょう。
虫歯・歯周病予防

口臭ケアは自分でできる。口がクサイしネバネバすると感じたら4つの方法を試してみて!

唾液の成分はリンやカルシウムほとんどは水分。唾液の働きは食べ物を湿らせて飲み込みやすくする、食べ物を溶かして味覚を感じる、口の中を潤して発音などを助ける、口の中を綺麗にする自浄作用、抗菌作用、粘膜保護。唾液を増やす唾液腺のマッサージ、よく噛んで食べる(特に繊維が多い野菜などを)ガムをよく噛む、あいうべ体操。
スポンサーリンク