歯ぎしりとイビキ

スポンサーリンク
歯ぎしりとイビキ

ギリギリうるさい歯ぎしり音対策!マウスピースの2つの効果とデメリット

噛みしめや歯ぎしりの予防で使うナイトガードのメリットとデメリットを解説します。起きた時にあごが痛い、あごが疲れている、舌に歯型、歯が欠けやすい、頬っぺたの内側に線、歯の詰め物がよく取れる、骨隆起、エラが張っている、歯がすり減った、顎関節症、大きく口が開けにくい歯周病が悪化、冷たいものがしみる知覚過敏、歯の動揺、睡眠時無呼吸症候群がある時は寝ている間に歯ぎしりや噛みしめをしている可能性が高いです。噛みしめの直し方や予防方法を説明します。
歯ぎしりとイビキ

子供が歯を食いしばる癖の直し方!歯を噛む癖は歯並びを悪くします!

子供が歯を食いしばる癖の原因や直し方、歯を噛むことでの悪影響について解説します。歯を噛んでいる癖は歯並びを悪くしたり、舌で歯を押す悪い癖の原因になります。子供たちでもできる噛みしめ予防の方法を紹介します。
歯ぎしりとイビキ

歯を噛みしめる癖やくいしばりを防止する!1秒で歯を離す方法を紹介!

歯を噛む「噛みしめの癖」を治す方法を紹介します。歯を噛んでいると歯のすり減り、歯にヒビが入る、肩こり、頭痛、歯周病がひどくなるのトラブルが起こります。自分で噛んでることに気づいて防止する方法や1秒で歯を離す方法を紹介します。
顔の体操

太ってないのに二重アゴ!あごがないし小さい子供に共通する意外な原因

太ってないのに、あごがない、二重あご、口元が出てる顔つきの人は要注意。アデノイド顔貌とは、鼻と喉の奥にあるアデノイドという扁桃が腫れることで鼻から呼吸がしにくく口呼吸になっておこる独特の顔つきのこと。いつも口が開いている・姿勢が悪い・下あごが引っ込んでいる・二重あご・顔が長い・出っ歯・鼻が低い・穴が小さいなどの特徴があります。予防方法や原因について解説します。
顔の体操

口角の上げ方がわからない!口角が上がらない原因と美人笑顔の作り方

口角を上げて笑う方法を紹介します。顔にある表情筋を鍛えることで綺麗な笑顔が作れます。口角が下がってしまった笑顔は笑っているのに暗い表情に見えてしまいます。口角が上がるよう、顔の筋肉を動かすあいうべ体操のやり方や効果を説明します。
顔の体操

顔ヨガのやり方は簡単!しわやたるみを隙間時間で取る4つのポイント

「あいうべ体操」は子ども達でも簡単にできる体操です。口の周りの筋肉がついて、口を閉じるようになる・舌の筋力がつく・食べ方や飲み方が綺麗になる・鼻呼吸になる効果があります。口呼吸や舌が下がっていると、口が開いていたり食べる時に舌が前に出てしまう子が増えます。あいうべ体操で口の周りや舌を鍛えると飲み込み方も綺麗になります。詳しい体操のやり方を説明します。
顔の体操

笑顔が引きつってブスになる原因と写真写りが良くなる簡単な2つの方法

写真を撮ったときに口元が下がっていたり口角が上がっていない原因は顔の筋肉の衰えです。口角を上げる方法を紹介します。笑顔の筋肉の表情筋は、感情の動きに合わせて筋肉が収縮して表情を作っています。口角をあげて若々しい表情を作ってくれる筋肉と反対に、口角を下げてくちを「への字」にする筋肉もあります。笑いをこらえる時や、悲しい表情を表現するときに働いてくれる大切な筋肉なんです。あいうべ体操で顔の筋肉を鍛えることで表情豊かになって若々しくなる理由を説明します。
歯ぎしりとイビキ

突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。

顎関節症は、普段の何気ない癖や習慣が原因になって起こってしまう病気です。例えばパソコン作業などで集中しているときに歯が当たっている(噛んでいる)、頬杖をつく、固くて高い枕を使っている、スルメなどの固い食べ物が好き、うつぶせ寝などで、あごの関節に負担がかかると症状が出る可能性が高くなってしまいます。顎関節症は歯並びやかみ合わせが悪い事が原因とされていましたが、かみ合わせが悪くて症状のない人もいます。精神的な問題との関係も分かっていません。検査や治療は保険適用ですが自費治療の治療もあります。治療は若い人の方が期間は短くなりやすく数週間で終わったり精神的な問題も含めて数年間かかる方もいます。
歯ぎしりとイビキ

あくびであごが痛い!音が鳴る原因は?顎の違和感をなくす7つの方法

顎関節症の予防方法を紹介します。顎関節症の予防方法には、かみしめをしない・うつぶせ寝で寝ない・硬いものは食べない・歯を食いしばるスポーツを控える・フルートやクラリネットなどあごの不自然な位置で吹く楽器や大きく口を開けて歌う声楽も控える・寒いときや緊張状態が続くときもあごに力がかかるので注意するなど日常生活の中で気を付けることで予防が出来まする。
歯ぎしりとイビキ

あごが痛い時は冷やす・温める?家でできる顎関節症の応急処置は3つです。

あごの関節が痛い場合の対処方法を紹介します。顎関節症の原因には噛みしめ・頬杖・片噛み・歯ぎしりなど普段の習慣や癖が原因で起こります。急性症状の場合は冷湿布をして冷やして、痛みが落ち着いたら温湿布を試しましょう。そのほかにはマッサージをする、硬いものを食べない、口を大きく開けない、あくびをする時はかみ殺す、噛みしめなどの癖を治すことであごの負担を減らしましょう。顎関節症は原因が分からないままだと症状が再発してしまいます。1週間たっても症状が変わらないときは歯医者へ行きましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました