妊娠・赤ちゃんの歯

スポンサーリンク
妊娠・赤ちゃんの歯

【妊娠中の虫歯】歯科治療で使うレントゲンや麻酔や薬は赤ちゃんの体に影響するの?

妊娠中のレントゲン撮影や急性症状が出たときの薬の投薬、麻酔による赤ちゃんへの影響について説明しています。妊娠中の投薬は薬の種類・期間・時期がポイントです。妊娠初期は避けましょう。妊娠中の歯磨き不足で親知らずが腫れたり、虫歯や歯周病で痛みが出ることはよくあります。赤ちゃんのためにも口の中を清潔に保つことは大切です。虫歯や歯周病の予防方法について解説します。
妊娠・赤ちゃんの歯

【実践編】哺乳瓶のちくびを新しく変える方法とタイミング!おすすめの種類はビーンスターク!

哺乳瓶の乳首の選び方。ビーンスタークに途中から変更する方法を説明します。赤ちゃんがお腹を空かせたらビーンスタークの乳首でミルクをあげます。20〜30分ビーンスタークで飲ませた後は、今まで使っていた乳首でミルクを飲ませます。新しい哺乳瓶と今までの哺乳瓶を使いながら、徐々に「新しい乳首」に慣れてもらいます。「ちゅうちゅう吸って簡単に飲める乳首」を使い続けることで噛めない子、歯並びの悪い子、口がいつも開いている子、だらしない顔つきの子になる可能性が高くなります。哺乳瓶選びの特徴についてまとめています。
妊娠・赤ちゃんの歯

キスや口移しで虫歯はいつから赤ちゃんにうつるの?子供を絶対に虫歯にしないたった1つの方法

生まれたての赤ちゃんには虫歯菌のミュータンス菌はいません。しかし大人からの口移し・一緒のスプーンやお箸を使う・キスをするなどが感染の原因になります。虫歯菌感染予防には箸やスプーンなど一緒に使わない虫歯菌の数を減らす・間食の取り方を考えるなど大人の意識を変えることで予防ができます。しかし口移しをすることで熱さや硬さ骨はないか確認できるメリットもあります。赤ちゃんの虫歯予防のために大人ができる対策を紹介します。
妊娠・赤ちゃんの歯

1歳6ヶ月までの赤ちゃんを絶対に虫歯にしない最も効果的な4つの方法は3分でマスターできる!

赤ちゃんを虫歯から守るには、乳瓶でジュースや乳酸飲料を飲ませない、赤ちゃんの食生活を整える、夜の仕上げ磨きを習慣づける、大人の口の中を清潔にすることが大切です。乳歯の上と下の前歯の生える1歳頃は、上の前歯の虫歯が出来やすくなります。哺乳瓶で長い時間ミルクやジュースや乳酸飲料を飲んでいると、口の中がいつも酸性に傾いて虫歯になります。おやつは量を決めてあげることや仕上げ磨きの始め方も説明しています。
妊娠・赤ちゃんの歯

子供や赤ちゃんの歯磨き嫌い克服!嫌がる5つの原因と解決方法は必見です。

子供や赤ちゃんが仕上げ磨きや歯磨きを嫌がる理由は、歯ブラシを口の中に入れるのが嫌い ・口や顔を触られるのが苦手・仕上げ磨きの時「力加減」が強くて痛い・歯磨き粉の味が嫌い・歯磨きする時間帯がちょうど眠くて機嫌が悪いの5つの原因が考えられます。歯磨き嫌いな赤ちゃんの解決方法を説明します。特に歯が生える前から顔や体をマッサージして「気持ちいい」タッチや感触を感じることで、赤ちゃんは口の中を触られることに慣れて歯磨きもスムーズに始められます。
妊娠・赤ちゃんの歯

寝ている間にいびきや息が途中で止まる原因と2つの治療方法。女性や痩せ型の人も要注意!

睡眠時無呼吸症候群の原因や予防方法を紹介します。太った人以外にも、痩せている人や女性にも多い病気です。目覚めが悪い、大きないびき、何時間も寝たのにスッキリしない、熟睡出来ていないなら睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。またかみしめを続けていると、歯が内側に倒れて、歯列が狭くなり舌が喉へ落ちて、咽頭を塞いでしまうため呼吸が出来なくなります。歯科医院では、『スリープスプリント』というマウスピースの様なものを作成します。
妊娠・赤ちゃんの歯

乳歯が虫歯になりやすい4つの場所!プロが実践する正しい仕上げ磨き方法とは。

乳歯が虫歯になりやすい場所を知ると、仕上げ磨きがやりやすくなります。奥歯の上下4本、上の前歯、歯と歯の間、歯ぐきとの境目は注意。歯の表面の汚れを効率よく落とすポイントは、歯ブラシを歯に直角にあてこまかく動かす。歯ぐきを傷つけないよう優しく磨きましょう。前歯の裏、奥歯の内側、かみ合わせ面などの磨き方を写真付きで解説します。
妊娠・赤ちゃんの歯

0歳から使える飲み込んでもいい歯磨き粉!うがいができない赤ちゃんや子供に安心な3つのオススメ品。

うがいの出来ない赤ちゃんの歯磨き粉はの選び方を紹介します。赤ちゃんの歯磨き粉を選ぶポイントは①まだうがいができないので、飲み込んでも安全なもの②研磨剤なしで歯を傷つけないもの③虫歯予防に効果があるものの3つのポイントで考える必要があります。「どれでも一緒でしょ?」と適当に選ぶと、泡立ちが多くて歯磨きしにくかったり、赤ちゃんが飲み込んでも安全なものではないかもしれませんから。チェックアップフォームはフッ素配合、研磨剤なし味もマイルドで泡が口の隅々まで行き渡ります。フッ素は歯質を強化し酸に溶けにくい歯にしてくれます。
妊娠・赤ちゃんの歯

食事中足がブラブラ付かない姿勢は歯並びにも影響!おすすめ子供用の椅子はこれだ!

食事中や勉強中の姿勢の悪さが歯並びに悪影響を与えます。ゲームやパソコンに夢中で猫背になっていたり、首が前に出て口が「ポカン」と開いていたり、頬杖をついている姿勢は歯並びやかみ合わせが悪くなります。猫背やあごが下がっていれば、噛み合わせが深くなる・出っ歯になる・噛み合わせがズレるなど歯並びにも大きく影響してしまいます。家庭での予防方法について解説します。姿勢が悪いと間違った方向にあごが成長し、歯並びが悪くなり、かみ合わせにも悪影響がでてしまいます。子供の食事中の姿勢はもちろん、普段の何気ない「姿勢」や「癖」に気をつけていくことが、歯並びやあごの成長を正しく導きます。
妊娠・赤ちゃんの歯

赤ちゃんはいつからから口呼吸になるの?鼻呼吸をする子になる4つの極意

赤ちゃんが口呼吸になるのは1歳前後。言葉を話すようになる頃からです。赤ちゃんは息継ぎせずにおっぱいを飲んでいます。赤ちゃんは食道と気管がまだ分かれていますが、大人は食道と気管がつながってるので言葉を話せます。大人が飲みながら息をすれば気管に飲み物が入りむせてしまい、肺に入いれば誤嚥性肺炎で最悪の時は死んでしまうことも。1歳頃から食道と気管はつながってきますから、この時期に口呼吸にならないことが大切です。
スポンサーリンク