顔の体操

顔の体操

衝撃!可愛くない子供の顔には原因があった!アレを直せば顔つきが変わる理由。

「顔つき」や「歯並び」は、生まれながらの遺伝だからしょうがないと思っていませんか?普段の生活の姿勢や呼吸を「気をつけるか・つけないか」で驚くほど顔つきや歯並びに差が出てきます。逆によくない姿勢や呼吸を続けていれば、子供達の歯並びが悪くなったり、顔つきが曲がってしまったり残念なものになっていくんです。子供の顔つきや歯並びを良くする方法を紹介します。
顔の体操

笑うと歯茎が見えすぎる2つの原因!治し方は矯正治療と笑い方を変えよう。

笑った時に歯ぐきが出すぎて悩んでいませんか?ガミースマイルとは笑ったとき、上の歯ぐきが見えすぎる状態のこと。テニスの錦織圭選手みたいな歯ぐきのことです。歯よりも歯ぐきが長く、笑ったときや話しているときに歯ぐきが多く見えてしまう、上唇と歯ぐきのつなぎ部分が長く、笑ったときに唇が上がり過ぎてしまう事が原因です。笑い方を変えたり矯正治療で改善したり目立たなくなる理由を説明します。
顔の体操

顔の体操でシワは増えない!たるみ改善効果のトレーニングは3分でできる。

「あいうべ体操」でシワが増えたり、新しくできることはありません。表情筋を鍛えて張りのある状態にすれば、シワも少なくります。シワの原因は老化による表情筋の衰え。顔の筋肉を鍛えれば引き締まってシャープになりあごのたるみや首のしわ予防にもなり、表情筋や舌のトレーニングが出来ます。筋肉を動かさないと、新陳代謝も悪くなって「シミ」や「くすみ」の原因になってしまいます。また、口元(口角)が下がっていれば、「不満があるような印象」や「老けた印象」になりますよね。悪い印象を与えない方法を紹介します。
顔の体操

太ってないのに二重あご・口が出ている・あごがない顔立ちの意外な原因。

太ってないのに、あごがない、二重あご、口元が出てる顔つきの人は要注意。アデノイド顔貌とは、鼻と喉の奥にあるアデノイドという扁桃が腫れることで鼻から呼吸がしにくく口呼吸になっておこる独特の顔つきのこと。いつも口が開いている・姿勢が悪い・下あごが引っ込んでいる・二重あご・顔が長い・出っ歯・鼻が低い・穴が小さいなどの特徴があります。予防方法や原因について解説します。
顔の体操

口のプロが教える!口角を上げる方法は簡単トレーニングで美人効果を実感!

顔にある表情筋を鍛えることで綺麗な笑顔が作れます。同じ笑顔でも好感を持てる笑顔・そうでない笑顔の差は口角の上がり方。口角「キュッ」と上がった笑顔は、綺麗な笑顔で好感が持てます。口角が下がってしまった笑顔は笑っているのに暗い表情に見えたり、若々しさもない印象に。口角が上がるように顔の筋肉を動かすあいうべ体操のやり方や効果を説明します。
顔の体操

【簡単】顔ヨガで即効効果!話題のあいうべ体操のやり方の超具体的な方法はコレだ!

「あいうべ体操」は子ども達でも簡単にできる体操です。口の周りの筋肉がついて、口を閉じるようになる・舌の筋力がつく・食べ方や飲み方が綺麗になる・鼻呼吸になる効果があります。口呼吸や舌が下がっていると、口が開いていたり食べる時に舌が前に出てしまう子が増えます。あいうべ体操で口の周りや舌を鍛えると飲み込み方も綺麗になります。詳しい体操のやり方を説明します。
顔の体操

写真に写った表情を抜群に良くする2つの方法!表情筋のトレーニングで綺麗な笑顔になろう

写真を撮ったときに口元が下がっていたり口角が上がっていない原因は顔の筋肉の衰えです。口角を上げる方法を紹介します。笑顔の筋肉の表情筋は、感情の動きに合わせて筋肉が収縮して表情を作っています。口角をあげて若々しい表情を作ってくれる筋肉と反対に、口角を下げてくちを「への字」にする筋肉もあります。笑いをこらえる時や、悲しい表情を表現するときに働いてくれる大切な筋肉なんです。あいうべ体操で顔の筋肉を鍛えることで表情豊かになって若々しくなる理由を説明します。
スポンサーリンク