歯の生え変わり時期が遅い!永久歯がなかなか生えてこない4つの原因

注意したい歯並び
スポンサーリンク




子供の永久歯がなかなか生えてこず、心配になっていませんか?

乳歯から永久歯に生え変わる時期。

 

順調に永久歯に生え変わってくれるかと思いきや…。中には、永久歯がなかなか生えてこない子ども達がいるんです。

 

とは言っても、歯の生え変わりは個人差があるので、まずは永久歯が生える目安の時期を確認してみましょう!

 

永久歯は

  • 6歳頃に、6歳臼歯が生えてくる
  • 7~8歳頃に、永久歯の前歯が生える
  • 9歳頃からは、そのまま奥歯に向かってどんどん乳歯が生え変わっていく
  • 11歳頃、上下の乳歯の奥歯が抜ける
  • 12~14歳頃、永久歯の奥歯が生えて永久歯の歯並びが完成する

の順序で生え変わることが多いです。

 

もちろん永久歯が生え変わる時期も、子どもによって早い子と遅い子がいますし、2年くらいの「差」があるのは普通のこと。

 

そのため、他の子と比べたり心配し過ぎなくて基本的には大丈夫ですよ♪

 

でも、なかなか生えてこない「注意したい歯」があるのも事実。

 

そこでこの記事では、永久歯がなかなか生えない原因を

  1. 乳歯が抜けずに残ったままになっている
  2. 最初から永久歯がない
  3. 余分な歯や肥厚した歯ぐきで、永久歯が生えるのが遅れている
  4. 骨に歯がくっついて、歯ぐきの中で永久歯が埋まっている

の4つに分けて紹介していきます!

 

しかも上の4つの原因は誰にでも起こる可能性があるので、子供のいるパパやママはぜひ参考になさって下さい!

 

スポンサーリンク

①永久歯が生えない!乳歯が抜けるのが遅いし抜けずに残ったままになっている原因

永久歯が生えるのが遅い原因

抜けた乳歯をよく見たことがありますか?

根っこがなくなって「歯の頭」だけになっていますよね?

 

歯の根っこがなくなっている理由は、永久歯が乳歯の真下に存在し、時期がくると乳歯の根っこを溶かしながら(吸収しながら)生えてくるから。

 

でも中には、

  • 歯ぐきの中の永久歯がズレた場所にあって、乳歯の根っこを溶かせない
  • 虫歯などで乳歯の神経が死んでしまい、乳歯の根っこの吸収が遅れてしまう

ことで、うまく乳歯の根っこが溶かせないことがあるんです。

 

ちなみに、乳歯が抜けずに残ったままの状態のことを、専門用語で乳歯の晩期残存(ばんきざんぞん)と呼んでいます。

 

乳歯の根っこが溶かされないと、乳歯がいつまでもグラグラせず、抜けずに残ったままになってしまいますよね。

 

乳歯が残ったままになれば、

  • 永久歯の生える時期に影響が出る
  • 永久歯の生える位置が変わる
  • かみ合わせにも悪い影響を与える

可能性があります…。

 

そのため、もし乳歯がなかなか抜けずに残っている場合は、永久歯がスムーズ生えるように、残った乳歯を歯医者で抜いてもらいましょう!

 

乳歯を抜いて永久歯が生える隙間が確保できれば、永久歯も自然に生えるはずですから♪

 

 

ちなみにグラグラな乳歯を自分で抜く場合は、下の記事↓を参考にしながら抜いてみましょう!

子供のグラグラ乳歯を家で取る!痛みなく抜く方法を歯科衛生士が伝授!
グラグラの乳歯の家での抜き方を紹介します。①ギコギコ指で乳歯を動かして自分で抜く②フロスを歯に巻きつけて一気に抜く③自然に抜けるまで待つ方法があります。抜けたあとは、ガーゼを10分程度噛んでいれば出血は止まります。永久歯は乳歯の根っこを溶かしながら押し出すように生えます。乳歯が自然に抜け落ちるには数か月かかります。もし無理やり抜いて抜いてしまえば、場合によっては歯ぐきやの根っこが損傷する可能性があるんです。でもグラグラの乳歯なら乳歯は歯ぐきに引っ付いているだけなので、ほとんど痛みもなく抜けます。

 

 

②乳歯が抜けても1年以上永久歯が生えてこない!最初から歯がない先天性欠如とは

永久歯が1年以上生えてこない原因

乳歯が抜けたのにいつまで経っても永久歯が生えないときは、永久歯の数が最初から足りない可能性があります。

 

生えてくる永久歯がないので、いつまで経っても大人の歯は生えてきませんよね(汗)

 

もし最初から歯がない先天性欠如(せんてんせいけつじょ)の歯があると

  • 歯がない部分の「噛み合わせ」の異常
  • 噛む力が低下する
  • 前歯なら審美的な問題

など、3つの問題が出てきてしまいます。

 

でも、口の中を見ただけでは歯の数が足りているかは分かりませんから、いつまでも生えない永久歯がある場合は、歯医者でレントゲンを撮って確認してもらうことをおすすめします。

 

なお、歯がない部分の治療方法は下の記事↓でまとめているので、合わせて参考になさってくださいね!

【歯の数が足りない】乳歯がなかなか抜けないし永久歯が生えるのが遅い原因と3つの治療方法。
子どもの口の中にいつまで経っても抜けない乳歯、長い間生えてこない永久歯がある場合の原因と治療方法を説明します。永久歯の歯が最初からない先天性欠如。子ども達が先天性欠如の歯がある場合、歯がない部分の噛み合わせの異常・噛む力の低下・前歯なら審美的な問題などの問題が出てきます。後から生えてくるはずの永久歯がない場合、その部分の周りの骨の吸収を防ぐために、抜けずに残った乳歯を保存します。歯があるかどうかはレントゲンで確認します。

 

 

③乳歯が抜けるのが遅い!左右の歯の生え方に6ヶ月以上差がある時は要注意!

乳歯がなかなか生えない原因

繰り返しますが、永久歯の生える時期は、早い子と遅い子で2年くらいの「差」があるので基本的には心配しなくて大丈夫です。

 

でも1つ注意点があります。

 

わたし達の歯は「右の永久歯の前歯が生えたら、同じ時期に左の永久歯の前歯が生える」という具合に、左右同じ時期に生えてきます。

 

でも、左右の歯の生える時期に6カ月以上「差」がある場合や、生える順番が明らかに違う場合は、萌出遅延(ほうしゅつちえん)の可能性があるんです。

 

何らかの問題があるはずなので、歯医者でレントゲンを撮ることをオススメします。

 

永久歯の前歯が生えるのが遅い原因

もし、永久歯の前歯がなかなか生えてこない場合は、

 

①余分な歯がある

永久歯の前歯が斜めに生えてきた!歯の真ん中の隙間が閉じない3つの原因。
6〜7歳頃の永久歯の前歯の隙間や、前歯が斜めに生えることは、正常な歯の生え変わりの過程ではよくあること。糸切り歯が生えてくると隙間も閉じてくるので、そのままにしておいて大丈夫です。上の真ん中の永久歯の前歯は、真っ直ぐ生えてくるのではなく2本が少し離れハの字に生えてきます。前から2番目の歯が生える時、押されて真ん中の歯は少し寄っていきます。糸切り歯が生えるとさらに押されて、真ん中の前歯はくっついていきます。でも注意したいのは、糸切り歯が生えてきても隙間が閉じない時。いつまでも隙間が閉じない時は、骨の下に余計な歯がある、最初から歯がなくて隙間が閉じない、唇のスジが邪魔して隙間が閉じられない可能性が高いです。

②歯ぐきの肥厚

 

が原因に考えられます…。

 

でも、レントゲンで確認してみた結果、

  • 永久歯の歯の根っこが、まだ半分もできていない
  • 本来の位置や歯の形に異常がない

ときは、治療せずもうしばらく様子をみて経過を観察していくことが多いです。

 

一方で永久歯の根っこが半分以上できている場合は、余分な歯を抜いたり、厚くなった歯ぐきを切って、自然に永久歯の前歯が生えてくれるのを待つ場合もあります。

 

それでも永久歯の前歯が生えてくる様子がない場合は、埋まっている永久歯を引っ張り出す処置をする必要がありますから担当医とよく相談してみましょう!

 

④歯が骨の中に埋まっている埋伏歯(まいふくし)とは

永久歯がなかなか生えない理由

埋伏歯(まいふくし)とは、永久歯が生える時期を過ぎてもあごの骨の中から生えてこない歯のことです。

 

中には、骨と歯の根っこがくっついて生えてこられない場合もあるので、生えてこない永久歯がある場合は、必ずレントゲンを撮って原因を確かめましょう!

 

対処方法は、萌出遅延のときと基本的には同じです。

 

レントゲンや必要があればCTも撮影して、角度や方向や隣の歯への影響を調べながら、外科処置で歯ぐきの中に埋まっている永久歯を引っ張り出していきます。

 

永久歯がなかなか生えてこない原因まとめ

永久歯がなかなか生えてこない理由には

  1. 乳歯が残ったままになっている場合
  2. 最初から永久歯がない場合
  3. 余分な歯や肥厚した歯ぐきで、生えるのが遅れている場合
  4. 骨にくっついて歯ぐきの中で埋まっている場合

と、4つの原因が考えられます。

 

歯の状況によっては、永久歯を引っ張り出したり、乳歯を抜いて様子をみながら治療していきますから、なかなか永久歯が生えてこない場合は担当医とよく相談してみましょう!

 

 

繰り返しますが、永久歯が生える目安の時期は

  • 6歳頃に、6歳臼歯が生えてくる
  • 7~8歳頃に、永久歯の前歯が生える
  • 9歳頃からは、そのまま奥歯に向かってどんどん乳歯が生え変わっていく
  • 11歳頃、上下の乳歯の奥歯が抜ける
  • 12~14歳頃、永久歯の奥歯が生えて永久歯の歯並びが完成する

です。

 

 

もちろん、目安の時期より1~2年のズレはそんなに心配しなくて大丈夫です♪

 

しかし

  • 目安の時期より明らかにズレている場合
  • 左右の歯の生える時期が6カ月以上「差」がある場合
  • 生える順番が明らかに違う場合

は、永久歯に何か異常がある可能性がありますから、早めに歯医者でレントゲンを撮ってもらいましょうね。

 

少しでも気になることがあるときは、自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で、気軽に何でも相談してみましょう!

 

 

早めの発見が、歯並びや永久歯を守ることにつながりますから♪

 

 

▼子供の歯磨き方法も一緒にマスターすれば一生の宝になりますよ♪▼

6歳頃から増える子供の虫歯予防!プロが教える歯磨き方法と3つのテクニック
子供の永久歯の歯磨き方法や虫歯予防の方法を説明します。歯の生え変わりの時期には虫歯が多くなります。乳歯から永久歯へ生え変わる6歳頃は、前歯が生え変わる、6歳臼歯が生える、まだ乳歯はたくさん残っているなど、子供の口の中は大きな変化を迎える時期になります。この時期、まだ小さいあごに大きな永久歯が生えてくるため、今まであった「乳歯の歯の隙間」が閉じて歯の間の汚れが取りきれず磨き残しが多くなります。前歯や奥歯の歯磨き方法を歯科衛生士が具体的に解説します。 その結果、歯の間に歯ブラシが届きにくくなり、虫歯になる子が増えてしまいます。

 

 

▼育児のスキマ時間でできる!家でおこなう「歯の美白ケア方法」も簡単なのでぜひ♪▼

自宅で簡単に歯を白くしたい!美白ができるとおすすめの歯磨き粉の効果とは
家で歯を白くする方法を紹介します。歯を白くするホワイトニングには種類があります。家でするホワイトニングは時間もお金も多くかかっってしまいます。でも歯磨き粉として使えるホワイトニングは、オーガニックで自然由来の成分のため安心、研磨剤が入っていません。歯の表面に傷が付く心配もなく、傷ついた表面に汚れが付着する心配がない歯磨き粉です。使い方や実際の効果についても説明します。

 

 

 

コメント