洗脳を解け!5カ月や6カ月からの早すぎる離乳食がアレルギーや赤ちゃんが食べない原因を作っていた

歯並びが良くなる離乳食

4〜5ヶ月など早すぎる離乳食には、デメリットしかありません!

育児書やネットの情報の中には、「離乳食は5ヶ月や6ヶ月から(中には4ヶ月から)スタートしましょう」と書いてあるものも多いですよね。

 

しかし、その考えは一種の洗脳!

結論から言えば、離乳食の開始時期は7ヶ月目以降にしましょう。

 

その理由は、生まれて6ヶ月頃までの赤ちゃんは、栄養を自分の体で分解出来る能力がまだないからです。

 

そのため、早くから母乳やミルク以外の食べ物(果汁やプリンなど)を与えると、分解することなく吸収し「アレルギーのもと」をつくる可能性が高くなってしまうのです(汗)

 

アレルギー予防のためにも離乳食は7カ月目以降から始めましょう!

 

この記事では、

  • 赤ちゃんをアレルギーにしない方法
  • 初めての離乳食をスムーズに始めるポイント

の2つを解説していきます。

 

「5ヶ月頃から離乳食を食べさせよう!」と考えているママやパパは、ぜひじっくり読んでみて下さい。

 

早い時期の離乳食は、デメリットしかない理由が分かっていただけると思います。

 

スポンサーリンク

生後4ヶ月や5ヶ月から始める離乳食がアレルギーの原因になる理由

 

赤ちゃんの離乳食が始まると、心配なのがアレルギーの問題。

 

「卵は大丈夫?」

「小麦は大丈夫かな?」

「牛乳は大丈夫?」

 

と、ママの心配や不安も始まりますね。

でも、赤ちゃんがアレルギーになるかどうかは「離乳食を始める時期」が大きく関係しているんです!

 

実は生まれたばかりの赤ちゃんは、腸の消化能力や内臓も未完成な状態のため、まだ大人と同じ食べ物を「消化」することができません。

 

しかもこの時期の赤ちゃんの腸は、栄養素を自分の体で分解する能力がまだないので、体に入った栄養素を何でもそのまま体内に吸収してしまうのです。

 

アレルギーは本来、「体に入ってはいけないもの」が腸を通り抜けて引き起こる病気。

 

ですからアレルギーの観点からも、あらゆる栄養素が分解されずに吸収される生後6か月までは、おっぱいやミルク以外のものをあげてはいけないのです。

つまり離乳食は生後7カ月まで待つ方が安全!ということ(^^)

 

ん~。赤ちゃんが健康に育っていくかどうかは、まさにわたし達ママの判断次第!ということですね…。

 

赤ちゃんの腸を通り抜ける「体に入ってはいけないもの」は、離乳食の中に含まれている「タンパク質」のことです。

 

もしも「抗原性のあるタンパク質」が消化されずに、腸が未熟な赤ちゃんの体の中に入ると、どうなるのでしょうか?

 

悲しいかな。アレルギーの下地ができてしまうのです(><)

離乳食に玉子はいつから?早くに卵を与えるとアレルギーになる理由

例えば卵。

卵アレルギーがある子供達の中には、早い段階で「卵を使った離乳食」を食べさせていた家庭も多いんです(;_;)

 

わたし達大人が卵を食べると、卵の中に含まれている「タンパク質」はそのまま吸収できないので、腸で「アミノ酸」などに分解され腸で吸収されます。

 

しかし、まだ腸が未完成の赤ちゃんが卵を食べたら…どうなるのでしょうか?

 

当然、卵の「タンパク質」は分解されずそのまま吸収されてしまいますよね。

 

消化されずに赤ちゃんの腸を通過した「異種タンパク質」は抗体として体に記憶され、次に卵を食べて同じタンパク質が体に入ってくると、免疫機能は「異物」として判断し、攻撃を開始!

 

これが食品アレルギーが起こるメカニズムです。

つまり腸が未完成の時期に、おっぱいやミルク以外のものを与えると、アレルギーのリスクが高くなってしまうということ。

それにまだ栄養はおっぱいやミルクで摂っている時期ですから、「動物性のタンパク質」を無理に食べさせる必要はありませんよね(^^)

 

ちなみに牛乳も、牛乳は赤ちゃんに本当に必要?アレルギーを避けたいなら、飲ませないでほしい理由に書いたように、アレルギーの原因になるので止めた方がいい飲み物です。

 

もちろん赤ちゃんの腸が完成したら、卵を食べても消化するようになります(^^)ですから、アレルギー予防のためにも離乳食は7ヶ月目まで待って、それまではしっかりおっぱいを飲ませてあげましょう!

 

 

おっぱいに含まれるタンパク質ではアレルギーが起きない理由

ところで、赤ちゃんの飲むおっぱいにも「タンパク質」は含まれていますよね。

 

タンパク質が豊富なおっぱいを飲んでいる赤ちゃんの体は、当然おっぱいのタンパク質に対する「抗体」もつくります。

 

こう書くと、「あれ?おっぱいでも赤ちゃんはアレルギーになるのでは?」という疑問が出てきませんか?

安心して下さい!

おっぱいの成分で赤ちゃんがアレルギーになることはありません(^^)

 

その理由は、おっぱいは赤ちゃん時代を過ぎてしまえば、もう一生飲むことがない飲み物だから。

 

だからもし、おっぱいのタンパク質でアレルギーの下地ができても、成長すればもうおっぱいを飲むことはないので、体への「害」はないのです(^^)/

 

まさにおっぱいは、腸が未完成の間の「期間限定の飲みもの」!(ちなみに粉ミルクは抗原性を消しているので、成長して飲んでも大丈夫です)

 

離乳食を、早く開始したい気持ちも分かります…。

 

でも赤ちゃんの腸が「何でも吸収する時期」は離乳食はまだ待って、おっぱいだけを飲ませる方が安全なんですよ(^^)/

 

 

6ヶ月以前に離乳食を始めても赤ちゃんが食べてくれない2つの原因

そしてもう一つ。離乳食を7ヶ月まで待ったほうがいい理由があります。

わたし達は手に食べ物を持って食事をしますよね。

そう。「手が自由に動くこと」と「食べること」には深い関係があるんです。

 

実は赤ちゃんは、しっかりお座りができて手が自由に動くようになれば、途端に口の機能も上がって上手に食べられるようになるのです(^^)

 

そのため、手も自由に動かず姿勢もしっかりしていない4ヶ月~5ヶ月頃から離乳食を始めても、赤ちゃんは思うようには食べてくれません。

 

食べてくれないから、不安になったり悩んでしまうママが増えてしまうのです…(汗)

 

でも手の動きや姿勢と『口の関係』を知っていれば、「全然食べてくれない…!」とママが悩む必要もなくなりますよね(^^)

 

赤ちゃんが離乳食を食べない原因は、まだ、

  • 赤ちゃん自身が食べる準備ができてない
  • 時期が早すぎる

だけのことなんですから(^^)

 

離乳食のスタート時期や始め方は育児書を参考にしない

そもそもなぜママは「4〜5ヶ月から離乳食を始めよう!」と思ったのでしょうか?

 

おそらく育児書や栄養指導、ネットの情報で「そろそろ果汁やプリンくらいなら食べさせてもいいかな?」と考えたはず。

 

でも、7ヶ月までの赤ちゃんはママのおっぱいやミルクで栄養は十分摂れています。わざわざ早く離乳食を始める意味って…どこにあるのでしょうか?

 

それに育児書や栄養指導では、「栄養面だけ」のことしか書かれていません。しかし離乳食で大切なことは、栄養だけではありません。

「よく噛むことの大切さ」が忘れられた指導なのです!

 

自分の歯でよく噛んで食べるということは、

 

ことにつながります(^^)

 

しかし、潰したり柔らかくした離乳食のせいで、今の赤ちゃんは「噛むこと」ができなくなっているんです。

 

いい意味であごの骨や筋肉に負荷をかけることは、健康な口をつくるためには欠かせません!

 

育児書や雑誌で離乳食のメニューが特集されるから、離乳食は4〜5ヶ月から「特別なモノ」を作らなくてはいけない!と、わたし達は一種の洗脳のように思わされているんです。

 

忘れちゃいけないことは離乳食の本来の目的は「家庭の食事」が食べられるようになることです。「柔らかい物」が食べられることがゴールではありませんよね。

 

育児書にある月年齢に縛られると、いつの間にか本の中の情報だけに振り回され、思ったように離乳食が進まず辛い思いをするママが増えてしまったり、アレルギーの原因をつくってしまう原因になるのです(汗)

 

離乳食の具体的な進め方は裏ごしや食べやすい離乳食は作らないで!赤ちゃん用の食事が招く危険にまとめているので、ぜひ参考にして下さい(^^)

 

育児書やネットに書かれてない方法なので、興味深い内容になっているはずです(^^)

 

まとめ

早すぎる離乳食はデメリットだらけ!

 

生まれて6ヶ月頃までの赤ちゃんは、栄養を自分の体で分解出来る能力がまだありません。

そのため、早くから母乳やミルク以外の食べ物(果汁やプリンなど)を与えると、分解することなく吸収し「アレルギーのもと」をつくる可能性が高くなってしまいます!

 

しかも姿勢がしっかりしてなく、手が自由に動かない4〜5ヶ月頃から離乳食を始めても、赤ちゃんはうまく食べることができません。

だからこそ

  • アレルギー予防のため
  • 口の体力がある
  • お座りがしっかりできる
  • 手が自由に動く

4つの条件がそろう、7ヶ月まで待ってから離乳食をスタートすることを全力でオススメします!

 

赤ちゃんは、時期がくれば必ず食べるようになります(^^)/プリンや果汁をあげたくなる気持ちも分かりますが、そこは7ヶ月まで我慢!

 

それに歯並びの悪さは遺伝だけで決まらない!母乳で育てた方が赤ちゃんの歯並びが良くなる理由。でも書いたように、早く離乳食を始めるより、おっぱいをよく飲んで口や舌をしっかり動かしておく方が大切なんですよ(^^)

 

おっぱいやミルクをよく飲んだ赤ちゃんは、口の使い方も上手になっているので、その後の離乳食もスムーズに進めることができますから\(^o^)/

もちろん、まだ赤ちゃんの食べる準備ができてないなら、焦らず8ヶ月以降から始めましょう(^^)/

 

成長に飛び級はありません!

 

7ヶ月まではしっかりおっぱいを飲ませて離乳食を始めたほうが、絶対にうまくいきますから!何百人もの赤ちゃんの哺乳指導を行ってきた経験からはっきり言えます!

 

おっぱいが出にくくて悩んでいませんか?

赤ちゃんのアレルギー予防のためにも、7ヶ月までは母乳やミルクをしっかり飲ませましょう。

でも万が一、ママの母乳が出にくい時は、ママに必要なDHAや葉酸や乳酸菌など栄養が摂れる妊娠中からできる母乳ケア「すくすく母乳の泉」で体質を改善して母乳が出やすい体をつくっていきましょう(^^)/

 

母乳育児は、歯並びが良くなるなど「口の機能」にとってもメリットが多いんです(^^)

だから事情がない限りは、母乳育児を頑張ってみませんか?

将来の赤ちゃんの歯並びや食べ方にもいい影響が期待できますから!

 

妊娠中からできる母乳ケア「すくすく母乳の泉」は、母乳が出やすい体をつくるママと赤ちゃんに嬉しいサプリメントです(^^)/

 

美味しいお茶で母乳が出やすい体になる方法は、こちらが参考になります

合わせて読みたい→味も美味しいノンカフェインタンポポ茶は妊婦さんや母乳育児をしたいママの水分補給におすすめ!

▼すぐに確認したい方はこちらから覗いてみましょう▼

 

 

▼子育て中でも家でできる「歯を白くする方法」も一緒に参考にしてみて下さい♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

 

 

 

コメント