軽いタープテントで日陰を簡単に作る!紫外線大嫌いな主婦が全力でおすすめする理由。

おすすめ外遊び
スポンサーリンク




「子供と川遊びやキャンプにいきたい!」と思っても、どうしても気になるのは紫外線

 

子供が動き回るようになると、ウチの中ばかりでは過ごしていられません。かと言ってショッピングモールに行っても目が離せないし、児童館に行っても毎回では大人も飽きてしまいますよね。

 

やっぱり、子供も大人も一緒に楽しめる方が、お互いにとっていい時間を過ごせる!と思うんです。

 

夏は外で水遊びするのが子供は大好き。でもガンガン当たる直射日光…。

紫外線のダメージは日焼けだけでなく、月日が経ってから肌へのシミや乾燥、シワへと顔に形状記憶されていきます。

 

やっぱりいくつになっても、美しいオンナでありたい!(切実な願い)

 

でも、外で遊ぶとなると、川や海は日陰がない場所も多く、帽子、サングラス、ストールなど、紫外線から肌を守ろうとすれば、もう変出者!のような格好になってしまうわたし…(汗)

 

だからこそ、紫外線をカットしてくれ、外でも遊べる日陰があれば非常にうれしいですよね。

ビーチパラソルを最初は使っていましたが、日陰部分は少ないし、太陽の位置で横から紫外線がガンガン当たり、日陰にならないため結局役に立たず…。

 

そこで、今度はタープを探すことに。

 

いろんなタープを見て、探して、人にも聞いて、希望にピッタリのタープが見つかったのです!

 

それは、FIELDOOR のワンタッチタープテント です。

購入する時一番迷った点は、スチールとアルミのどちらを買うか…というところ。

かなり迷いました。

 

 

その理由は値段が全然違うから。

アルミの方が高いんです。

 

でも、タープ愛用者に聞けば聞くほど、「サイズは好みだけど、絶対にアルミを買ったほうがいい!そこはケチるな!」との押しが強かったので、アルミを購入することに。

 

結論はアルミで大正解!

約、9.3キロ。ちょうど1才児の娘と同じ位の重さなので、女性一人でも楽に運べます。

ケチってスチールにしていれば、あとプラス5キロは重かったと思うと…アルミで大正解でした。

 

スポンサーリンク

FIELDOOR 軽量アルミタープテントの特徴は軽くて紫外線遮蔽率が高いこと

こちらが我が家に届いたFIELDOOR 軽量アルミタープテントです。(もう河原ですが 笑)

黒い専用の袋に入っていて、取っ手も長く肩掛けでも持ち運び可能なのはステキです\(^o^)/

 

 

専用収納ケースの中に入っているものは、以下の通りです。

  • タープテント本体
  • ロープ
  • ペグ
  • 専用サイドシート
  • 取扱説明書

 

下の写真は付属品の、ロープとペグと専用サイドシート。

ペグ(銀色の曲がった棒)がついているので、風がある日などは、地面にタープテントを固定することもできます(^^)

専用サイドシートの枚数は注文時に選べます。

 

 

今回わたしはサイドシート2枚セットを注文。理由はタープテントの生地にはUVカットがコーティングがされていて、紫外線遮蔽率がなんと98%以上!だから。

紫外線をカットしたい一心のわたしは、もちろん、サイドシートも多めに注文したのです(笑)

紫外線を気にする方には、かなりうれしい仕様ですよね。

 

 

FIELDOOR 軽量アルミタープテントを組み立てよう

 

アルミタープテントの特徴は、とにかく組み立てが簡単なこと。さすがに1人では無理ですが、軽いので女性2人でも簡単に組み立て完了。

あっ!もちろん、男手があればもっと楽ちんです(笑)

 

袋から出すと、こんな状態。もうこれ「折りたたみ傘やん!」と思える状態で入っています(笑)

 

早速広げていきましょう。

スチール製フレームのタープテントと比べ、アルミフレームは軽くて、丈夫で錆にくいのが特徴。

 

 

それに、イチイチ組み立てる必要もなく、2人で対角線上にフレームを持ち、徐々に広げるだけでセット完了です。

他に特別な道具も必要ありません。

だから、セット時間もあっという間!

 

わたしが購入したタイプは横と奥行きともに3m。高さは2段階で調節出来ます。

 

もちろんサイドシート も設置。ファスナーで付け外し可能なのでこれまた便利。4面どこにでも付けられるので、日差しや風向きで、簡単に位置を変えることも可能です(^^)

 

UVカット効果が高く、抜群の日よけ効果で、河原でも快適な日陰を作ることができました\(^o^)/

サイドシートが1枚の場合、風でピロピロしないようにマジックテープでフレームに固定することも出来ます。

が、さすがに夏場は締め切ってしまうと風が通り抜けずに、あっ…あつい…。

そんなときは、付属のペグとロープを地面に固定して紫外線をカットしながら風が入るようにすればいいのです。

シートを広げたことで、日陰はしっかり確保しつつ、風も入るようになりました(^^)

 

しかもトップカバーの上は、風抜けの工夫がされているので、テント内側にたまる空気が通り抜け、テントがパタパタしない!

風でテントが倒れる事故を予防する効果もあるんです。(ありがたい〜!)

ただ問題が…。

付属品のペグは河原のような地面で使うと、強風が吹いた時に地面から抜けやすかったです(汗)

 

 

河原で使うなら、もっと長くて太いペグの方をもっていたほうが安心。

というわけで早速、長くて太いペグを購入(^^)

 

使ってみると、固定したときの安定感が全然違います!本当に、全然違うんです!ペグは絶対に、長くて太いものを購入してください!

 

 

タープを買うなら絶対に軽量アルミタープテントがいい理由

今まではビーチパラソルの小さな小さな日影の下で、子供と遊んだり、ご飯を食べたり着替えさせたり…。とにかく狭い、暑い、紫外線がガンガン当たる…という3重苦の中、汗だくで外で遊んでいました。

 

が、タープを購入してあまりの快適さにみんなで驚いています!

 

 

タープを選ぶなら、少々値段が高くても絶対にアルミ製にすべきです!軽くて強度があることは、アウトドアには絶対条件。

 

しかも、錆に強くて軽量なアルミフレーム。

 

持ち運びや、組み立てることを考えると、軽さは重要なポイントです。大人2人なら女性でもらくらくセット可能です(^^)

 

キャンプだけでなく、運動会や外でのイベントにも幅広く使えること間違いありません!

 

生地には高耐水加工がされていているので、急な天候の変化で雨が降っても心配いりませんよ(^^)

雨が降っている日にも、使い心地を実験しましたから(笑)

 

そしてそして、紫外線カット加工もされているので、アウトドア・レジャーを思いっきり楽しめます\(^o^)/

 

我が家は年中キャンプをするので、風をしのげるサイドシートがあると「冬でも暖を取りながらアウトドアが楽しめる〜」と、1年を通して活躍すること間違いなしなのです\(^o^)/

 

本体代は高いけど、1年中使えることを考えると投資価値あり

アウトドアなのに、日傘や帽子で紫外線対策をしていると…とにかく変出者。「なんであの人、あんな格好でアウトドアしてるの?」的な目で見られます(汗)

 

 

特に完全防備では、夏場は汗が吹き出してきます。でも、日焼けしたくないし…遊びたいし…。が長い間のわたしの悩みでした。

 

でも、FIELDOOR のワンタッチタープテントのお陰で、日傘や帽子がなくても日陰で涼しく快適です\(^o^)/

 

スチールより軽い!セットも簡単!紫外線カット抜群!

 

どこかの牛丼屋みたいなフレーズですが…(笑)子供のいる家庭やアウトドア好きには絶対におすすめ!

 

サイズも2m、2.5m、3mとあり、2段階で高さ調節も可能です。

サイズは家族構成で変わりますが、今回わたしが買った3mタイプは大人2人と子供3人でも余裕の広さでした。

 

 

3人家族なら1サイズ小さくてもイイかもしれません。

 

本体代は1万3千円前後ですが、ケチって安いものを買うくらいなら、最初からFIELDOOR のワンタッチタープテントを買えば、まず間違いないです!

 

 

しかも、1年以内なら何度でも無償でパーツ交換出来ます!壊れてもパーツごとに購入も出来るから、安心して長く使えます\(^o^)/

 

女性でも簡単にセットできるので、すっごい感動しますよ〜。

 

 

 

いらないキャンプ用品や登山用品は高く買い取ってもらおう

使わなくなったキャンプ用品や登山用品があれば、買うトドアで高く買い取ってもらいましょう!

 

家で簡単に、要らないアウトドア用品を売ることができるんです。

 

手続きも簡単!

①スマホで申し込む

②商品を送る

③査定額に納得したら口座に入金される

の3ステップ!

 

もちろん

  • 送料
  • 査定料
  • キャンセル料
  • 振り込み手数料

などは一切かかりません。

 

 

全国どこからでも24時間利用可能!

 

古いから、汚れているから…と諦めないで!状態が極端に悪いもの以外は買い取ってくれますから(^^)

 

 

まずは、買うトドアで無料で問い合わせだけでもしてみませんか?

 

 

家の中をスッキリさせて、売ったお金で新しいキャンプ用品を揃えましょう\(^o^)/