あくびであごが痛い!音が鳴る原因は?顎の違和感をなくす7つの方法

歯ぎしりとイビキ
スポンサーリンク




あれ?あくびをするとあごが痛い…。

口が開けにくい…。

口を開けるたびに、「カクッ」と関節から音がする…。

 

それまでなんともなかったのに、突然あごに違和感や異変が起こってしまえば、

「何かの病気?」

「このまま直らなかったらどうしよう…。」

と、不安に襲われてしまいますよね。

 

実はその異変の原因は、顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性が高いです!

突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。
顎関節症は、普段の何気ない癖や習慣が原因になって起こってしまう病気です。例えばパソコン作業などで集中しているときに歯が当たっている(噛んでいる)、頬杖をつく、固くて高い枕を使っている、スルメなどの固い食べ物が好き、うつぶせ寝などで、あごの関節に負担がかかると症状が出る可能性が高くなってしまいます。顎関節症は歯並びやかみ合わせが悪い事が原因とされていましたが、かみ合わせが悪くて症状のない人もいます。精神的な問題との関係も分かっていません。検査や治療は保険適用ですが自費治療の治療もあります。治療は若い人の方が期間は短くなりやすく数週間で終わったり精神的な問題も含めて数年間かかる方もいます。

 

顎関節症は「生活習慣病」と言われるくらい、普段の「習慣」や「癖」で起こってしまう病気です。

 

でも安心して下さい!

あなたが無意識にやってしまう「癖」や「習慣」を見直せば、症状の悪化を防ぐことができますから!

 

そこでこの記事では、顎関節症の原因になる「癖」や「予防方法」をご紹介します。

 

原因を知らなければ、症状が良くなっても何度も繰り返しあごは痛くなります。ぜひ本文を参考に、あごの痛みと無縁の生活を送りましょう!

 

スポンサーリンク

顎関節症予防には、噛みしめやくいしばりをしないこと

あごが痛くなる原因

歯を噛む「噛みしめ」の癖は、顎関節症を引き起こす大きな原因になります。

 

突然ですが、今、あなたの歯は

当たっていますか?

それとも

離れていますか?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もし歯が少しでも当たっていれば、まさに「今」あなたは、噛みしめをしていました(汗)

 

わたし達の歯は1日24時間のうち、会話や食事時間を除いても、23時間以上は歯が当たっていないのが正常な状態です。

 

もちろん食事などで、一瞬歯が当たるのは問題ありません。でも、歯が長時間当たっているのは大問題!

 

なんと歯が当たっているだけで

  • 周りの筋肉が緊張状態で疲れる
  • あごの関節が押さえ込まれて、血液の流れが悪くなり痛みに敏感になる

と、悪影響が起こってしまうのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、噛みしめは日常的に「癖」になっている人がほとんど。そのため、噛んでいることに本人も気づきにくい癖なんです(汗)

 

「噛みしめ」の癖を直すには、まずは自分が噛んでいることに気付くことが大切です。

具体的な直し方は下の記事↓にをまとめているので、まずは自分が噛んでいることに気づいてみましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

想像以上に普段から歯を噛んでいたことを知って、あなたもきっと驚くはずです!

 

1秒でできる歯を離す方法!家でできる噛みしめ癖やくいしばり治し方
噛みしめを治す方法を紹介します。歯を噛んでいると歯のすり減り、歯にヒビが入る、歯の動揺、顎関節症、歯並びが悪くなる、詰め物がとれる、睡眠時無呼吸症候群、肩こり、頭痛、歯周病がひどくなるのトラブルが起こります。自分で噛んでることに気づいて直す噛みしめのチェック方法は、普段よく見る場所や物、テレビやパソコンの横や冷蔵庫など『歯』『噛まない』と書いた付せんや紙を、家や仕事場などいろんな所にペタペタ貼り1日何度もチェックすることです。

 

 

頬杖の癖もあごが痛くなる原因になる

あごが痛くなる原因で、何気に見逃しやすいのが頬杖です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたも仕事中やパソコン中に、つい頬杖をついていませんか?

実は頬杖も、あごに負担がかかるよくない癖です。

 

あなたもぜひ、頬杖のポーズをしてみてください。

あごに手を当てると、自然に歯を噛んでしまいますよね。

 

そうなんです。

 

頬杖をすると、「噛みしめ」の癖と同じように歯を噛んでしまうのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

お願いです!普段から頬杖をしている方は、あごの関節を守るためにも、今日から絶対にやめましょう!

 

うつぶせ寝で寝ない

あなたは普段、「うつぶせ寝」で寝ていませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実はうつ伏せ寝は、顎関節症を悪化させる姿勢なんです(汗)

 

その理由は、うつぶせ寝の姿勢を続けてしまうと、あごの関節や筋肉が圧迫されて、痛みが出やすくなるからです。

 

あごの痛みを予防するためにも、寝るときは仰向けの体勢で寝ることをおすすめします。

 

またあごを下にして寝ながらスマホを操作したり本を読むのも、関節を突き上げてしまうので、やめた方がいい習慣です。

 

さらに横向きで寝るときは、枕であごを押し付けないよう枕の位置を少し上にズラし、あごに力がかからないように工夫しましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

寝るときの姿勢や枕の位置を工夫することも、痛みを出さない方法なんですよ♪

 

なお枕が高すぎると、仰向けで寝たときに歯を噛みやすいので、まくらの高さも自分の体に合ったものを選びましょう。

 

あなたに合ったまくらの選び方は、下の記事↓を参考にしてくださいね。

痩せ型なのにイビキをかく原因!睡眠中の呼吸を整えるまくらの選び方
イビキをかきにくくする枕の選び方を紹介します。寝ている間に「噛みしめ」していれば、あごに負担がかかり奥歯が内側に倒れて舌が喉に落ちて気道をふさいでイビキの原因になります。太った人がイビキをかくのは、喉に脂肪がついて気道をふさいでいるから。でも、痩せていてイビキをかくなら「噛みしめ」が原因です。イビキの改善方法をご紹介します。

 

 

楽器を吹いたり、歌う時もあごに負担がかかることもある

 

歯科衛生士
歯科衛生士

フルートやクラリネットなどの楽器を吹くときや、歌うときも要注意です。

 

あごを不自然な位置で固定して演奏する楽器や、大きな口を開けて歌う声楽も、あごの関節を痛める原因になります。

 

楽器を吹くときは頭を傾けず、楽譜を高い位置に置いてあごを下げない姿勢にするなど、工夫してみましょう。

 

また、口を大きく開けて歌うとあごの関節に負担がかかるので、痛みがあるときは声楽や楽器も控えたほうが安心ですね。

 

歯を食いしばってしまうスポーツも控える

あごが痛くなるスポーツ

野球やゴルフなどは、ボールを打つ瞬間に歯を食いしばってしまうことが多いスポーツです。

 

その結果、あごや関節が痛くなることがあるので、もしあごに違和感や痛みがある場合は、落ち着くまでは運動を控えるようにしておきましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あごに痛みがあるときは、全身の筋肉をほぐす意味で、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をおすすめします。

 

寒いとあごが痛くなる!緊張状態で肩に力が入るときも注意

緊張状態が続くときも、あごに負担がかかります。

緊張すると全身の筋肉が緊張して、歯を噛んだり、口の周りの筋肉に力がかかり、あごの関節に負担がかかってしまうんです。

 

また

  • 寒い日や冷房でキンキンに冷えた部屋
  • スケートやスキーなど寒い場所でのスポーツ

も、筋肉を収縮させて熱をつくろうと肩に力が入り、あごの筋肉を緊張させてしまうので注意が必要です。

 

寒さで痛みが強くなることもあるので、痛みがあるときは特に体を冷やさないようにしましょう。

 

もし急に痛くなった場合は、下の記事に応急処置の方法を紹介しているので、参考になさって下さいね。

あごが痛い時は冷やす・温める?家でできる顎関節症の応急処置は3つです。
あごの関節が痛い場合の対処方法を紹介します。顎関節症の原因には噛みしめ・頬杖・片噛み・歯ぎしりなど普段の習慣や癖が原因で起こります。急性症状の場合は冷湿布をして冷やして、痛みが落ち着いたら温湿布を試しましょう。そのほかにはマッサージをする、硬いものを食べない、口を大きく開けない、あくびをする時はかみ殺す、噛みしめなどの癖を治すことであごの負担を減らしましょう。顎関節症は原因が分からないままだと症状が再発してしまいます。1週間たっても症状が変わらないときは歯医者へ行きましょう。

 

 

あごが痛い時は固いものは食べない

もしあごに違和感や痛みがあったり「顎関節症かな?」と思ったら、スルメやピーナッツやお煎餅など、固い食べものはしばらく避けて、柔らかいものを食べるようにしましょう。

 

成長が終わった大人があごを鍛えようと固いものを食べても、逆に関節に負担をかけて顎関節症の原因になることも多いんです。

 

それにあごを鍛えるなら「固いもの」でなくても、普段の食事を「よく噛めるもの」にする方が簡単です!

 

例えば

  • 繊維の多い野菜を大きく切る
  • ミンチは使わない
  • 千切りやみじん切りにしない

 

たったこれだけのことで、決して固くない食材でも自然に「よく噛む食事」に変身することができますよね。

 

もっと具体的な「よく噛む食事」の作り方は、下の記事にまとめているので参考にさなって下さいね!

食事を噛まない子供に100%効果あり!噛む回数が増える食事の作り方!
よく噛む食事の作り方を紹介します。噛む回数が増える食事は「固いもの」だけではありません。パンを選ぶなら全粒粉のものを選んで、柔らかいパンは選ばない。野菜など繊維が多いものを、一口では入らないくらい大きく切る。御飯も白米より、雑穀米や玄米を混ぜて炊く。だけでも、噛む回数を「グッ」と増やすことができます。食材の「選び方」や「切り方」をちょと工夫をするだけで、簡単にいつもの食事を食べにくくすることができるんです。

 

あごが痛くならない方法まとめ

顎関節症は安静にしていれば、1週間ほどで自然に症状が消えていくことが多い病気です。

 

しかしあごの痛みや違和感は、

  1. かみしめをしている
  2. 頬杖などの癖
  3. うつぶせ寝など寝るときの体勢
  4. 楽器や声楽をするのときの姿勢
  5. スポーツで歯を食いしばっている
  6. 寒さや緊張で口の周りに力が入っている
  7. 固い食べ物であごに負担をかけている

など、あなたが無意識にやっている「癖」や「習慣」の中に原因があります。

 

つまり、原因を取り除かなければ、痛みがひいてもまた再発してしまうのです!

 

あごが痛くて食事ができない、しゃべりにくいなどの不快な思いをしないように、あなたもぜひ、あごに負担のかかる癖や習慣をしてないか見直してみませんか?

 

 

▼歯を健康にすることも、顎関節症のトラブルから身を守る方法です。家で簡単に実践できる虫歯や歯周病予防方法も一緒にマスターしましょう▼

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
家で自分でできる虫歯や歯周病予防。歯ぐきがブヨブヨする、口臭が気になる、歯磨きすると歯ぐきから血が出る歯周病や、虫歯がよくできる。虫歯や歯周病になる原因は歯に付いているプラークが取り切れていないから。特に歯の間のプラークを取ることが予防の第一歩!歯磨き方法やポイントを詳しく説明しています。

 

▼ホワイトニングより安く手軽に、家で歯の美白をする方法はこちらが参考になります▼

自宅で簡単に歯を白くしたい!美白ができるとおすすめの歯磨き粉の効果とは
家で歯を白くする方法を紹介します。歯を白くするホワイトニングには種類があります。家でするホワイトニングは時間もお金も多くかかっってしまいます。でも歯磨き粉として使えるホワイトニングは、オーガニックで自然由来の成分のため安心、研磨剤が入っていません。歯の表面に傷が付く心配もなく、傷ついた表面に汚れが付着する心配がない歯磨き粉です。使い方や実際の効果についても説明します。

 

 

 

コメント