あくびであごが痛い!音が鳴る原因は?顎の違和感をなくす7つの方法

歯ぎしりとイビキ
スポンサーリンク




あれ?あくびをするとあごが痛い…。

口が開けにくい…。

口を開けるたびに、「カクッ」と関節から音がする…。

 

それまでなんともなかったのに、突然あごに違和感や異変が起こってしまえば、

「何かの病気?」

「このまま直らなかったらどうしよう…。」

と、不安に襲われてしまいますよね。

 

実はその異変の原因は、顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性が高いです!

突然のあごの痛みやだるさは要注意!顎関節症の5つの症状と意外な原因。
歯科医師の中には、「かみ合わせの悪さ」が「あごが痛い原因」と考えて治療していく先生がいます。 しかし患者さんによっては、治療をしてもなかなか痛みがなくならず、悩んでいる方がたくさんいるんです。 その理由は、歯科医師側が「あごが痛...

 

顎関節症は「生活習慣病」と言われるくらい、普段の「習慣」や「癖」で起こってしまう病気です。

 

でも安心して下さい!

あなたが無意識にやってしまう「癖」や「習慣」を見直せば、症状の悪化を防ぐことができますから!

 

そこでこの記事では、顎関節症の原因になる「癖」や「予防方法」をご紹介します。

 

原因を知らなければ、症状が良くなっても何度も繰り返しあごは痛くなります。ぜひ本文を参考に、あごの痛みと無縁の生活を送りましょう!

 

スポンサーリンク

顎関節症予防には、噛みしめやくいしばりをしないこと

あごが痛くなる原因

歯を噛む「噛みしめ」の癖は、顎関節症を引き起こす大きな原因になります。

 

突然ですが、今、あなたの歯は

当たっていますか?

それとも

離れていますか?

 

 

歯科衛生士
歯科衛生士

もし歯が少しでも当たっていれば、まさに「今」あなたは、噛みしめをしていました(汗)

 

わたし達の歯は1日24時間のうち、会話や食事時間を除いても、23時間以上は歯が当たっていないのが正常な状態です。

 

もちろん食事などで、一瞬歯が当たるのは問題ありません。でも、歯が長時間当たっているのは大問題!

 

なんと歯が当たっているだけで

  • 周りの筋肉が緊張状態で疲れる
  • あごの関節が押さえ込まれて、血液の流れが悪くなり痛みに敏感になる

と、悪影響が起こってしまうのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

でも、噛みしめは日常的に「癖」になっている人がほとんど。そのため、噛んでいることに本人も気づきにくい癖なんです(汗)

 

「噛みしめ」の癖を直すには、まずは自分が噛んでいることに気付くことが大切です。

具体的な直し方は下の記事↓にをまとめているので、まずは自分が噛んでいることに気づいてみましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

想像以上に普段から歯を噛んでいたことを知って、あなたもきっと驚くはずです!

 

1秒でできる歯を離す方法!家でできる噛みしめ癖やくいしばり治し方
最近下の前歯がズレてきた気がする…。 歯の間に隙間があいてきた…。 薬を飲んだり整体に行っているのに、頭痛や肩こりが直らない…。 あなたもこんな症状に悩んでいませんか? 実はこれらの症状は、あなたが普...

 

 

頬杖の癖もあごが痛くなる原因になる

あごが痛くなる原因で、何気に見逃しやすいのが頬杖です。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あなたも仕事中やパソコン中に、つい頬杖をついていませんか?

実は頬杖も、あごに負担がかかるよくない癖です。

 

あなたもぜひ、頬杖のポーズをしてみてください。

あごに手を当てると、自然に歯を噛んでしまいますよね。

 

そうなんです。

 

頬杖をすると、「噛みしめ」の癖と同じように歯を噛んでしまうのです。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

お願いです!普段から頬杖をしている方は、あごの関節を守るためにも、今日から絶対にやめましょう!

 

うつぶせ寝で寝ない

あなたは普段、「うつぶせ寝」で寝ていませんか?

 

歯科衛生士
歯科衛生士

実はうつ伏せ寝は、顎関節症を悪化させる姿勢なんです(汗)

 

その理由は、うつぶせ寝の姿勢を続けてしまうと、あごの関節や筋肉が圧迫されて、痛みが出やすくなるからです。

 

あごの痛みを予防するためにも、寝るときは仰向けの体勢で寝ることをおすすめします。

 

またあごを下にして寝ながらスマホを操作したり本を読むのも、関節を突き上げてしまうので、やめた方がいい習慣です。

 

さらに横向きで寝るときは、枕であごを押し付けないよう枕の位置を少し上にズラし、あごに力がかからないように工夫しましょう!

 

歯科衛生士
歯科衛生士

寝るときの姿勢や枕の位置を工夫することも、痛みを出さない方法なんですよ♪

 

なお枕が高すぎると、仰向けで寝たときに歯を噛みやすいので、まくらの高さも自分の体に合ったものを選びましょう。

 

あなたに合ったまくらの選び方は、下の記事↓を参考にしてくださいね。

痩せ型なのにイビキをかく原因!睡眠中の呼吸を整えるまくらの選び方
「昨日イビキかいてたよ…」 と毎朝、家族に指摘されていませんか? 普通イビキをかく人は、太っている方が多いですよね。 しかし痩せているあなたがイビキをかくなら、普段から歯を噛んでいる可能性が高いんです。 ...

 

 

楽器を吹いたり、歌う時もあごに負担がかかることもある

 

歯科衛生士
歯科衛生士

フルートやクラリネットなどの楽器を吹くときや、歌うときも要注意です。

 

あごを不自然な位置で固定して演奏する楽器や、大きな口を開けて歌う声楽も、あごの関節を痛める原因になります。

 

楽器を吹くときは頭を傾けず、楽譜を高い位置に置いてあごを下げない姿勢にするなど、工夫してみましょう。

 

また、口を大きく開けて歌うとあごの関節に負担がかかるので、痛みがあるときは声楽や楽器も控えたほうが安心ですね。

 

歯を食いしばってしまうスポーツも控える

あごが痛くなるスポーツ

野球やゴルフなどは、ボールを打つ瞬間に歯を食いしばってしまうことが多いスポーツです。

 

その結果、あごや関節が痛くなることがあるので、もしあごに違和感や痛みがある場合は、落ち着くまでは運動を控えるようにしておきましょう。

 

歯科衛生士
歯科衛生士

あごに痛みがあるときは、全身の筋肉をほぐす意味で、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をおすすめします。

 

寒いとあごが痛くなる!緊張状態で肩に力が入るときも注意

緊張状態が続くときも、あごに負担がかかります。

緊張すると全身の筋肉が緊張して、歯を噛んだり、口の周りの筋肉に力がかかり、あごの関節に負担がかかってしまうんです。

 

また

  • 寒い日や冷房でキンキンに冷えた部屋
  • スケートやスキーなど寒い場所でのスポーツ

も、筋肉を収縮させて熱をつくろうと肩に力が入り、あごの筋肉を緊張させてしまうので注意が必要です。

 

寒さで痛みが強くなることもあるので、痛みがあるときは特に体を冷やさないようにしましょう。

 

もし急に痛くなった場合は、下の記事に応急処置の方法を紹介しているので、参考になさって下さいね。

あごが痛い時は冷やす・温める?家でできる顎関節症の応急処置は3つです。
口を開けるとあごが痛い…。 あごに違和感があって食事がしにくい…。 口を開けると「カクン」と音がする…。 あなたもこんな症状に悩んでいませんか? その症状、もしかすると顎関節症(がくかんせつしょう)の...

 

 

あごが痛い時は固いものは食べない

もしあごに違和感や痛みがあったり「顎関節症かな?」と思ったら、スルメやピーナッツやお煎餅など、固い食べものはしばらく避けて、柔らかいものを食べるようにしましょう。

 

成長が終わった大人があごを鍛えようと固いものを食べても、逆に関節に負担をかけて顎関節症の原因になることも多いんです。

 

それにあごを鍛えるなら「固いもの」でなくても、普段の食事を「よく噛めるもの」にする方が簡単です!

 

例えば

  • 繊維の多い野菜を大きく切る
  • ミンチは使わない
  • 千切りやみじん切りにしない

 

たったこれだけのことで、決して固くない食材でも自然に「よく噛む食事」に変身することができますよね。

 

もっと具体的な「よく噛む食事」の作り方は、下の記事にまとめているので参考にさなって下さいね!

食事を噛まない子供に100%効果あり!噛む回数が増える食事の作り方!
食事の度に「よく噛んで食べなさい!」と子供に注意していませんか? 毎回同じ注意ばかりしている自分に、嫌気がさしていませんか? でも実は、「よく噛みなさい!」と注意しなくても、 子供の早食い 噛まずに丸飲み...

 

あごが痛くならない方法まとめ

顎関節症は安静にしていれば、1週間ほどで自然に症状が消えていくことが多い病気です。

 

しかしあごの痛みや違和感は、

  1. かみしめをしている
  2. 頬杖などの癖
  3. うつぶせ寝など寝るときの体勢
  4. 楽器や声楽をするのときの姿勢
  5. スポーツで歯を食いしばっている
  6. 寒さや緊張で口の周りに力が入っている
  7. 固い食べ物であごに負担をかけている

など、あなたが無意識にやっている「癖」や「習慣」の中に原因があります。

 

つまり、原因を取り除かなければ、痛みがひいてもまた再発してしまうのです!

 

あごが痛くて食事ができない、しゃべりにくいなどの不快な思いをしないように、あなたもぜひ、あごに負担のかかる癖や習慣をしてないか見直してみませんか?

 

 

▼歯を健康にすることも、顎関節症のトラブルから身を守る方法です。家で簡単に実践できる虫歯や歯周病予防方法も一緒にマスターしましょう▼

これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。
毎日歯磨きしているのに、 歯ぐきがブヨブヨする 口臭が気になってきた 歯磨きすると歯ぐきから血が出る 歯磨きしていても虫歯が繰り返しできる と、気になっていませんか? これら虫歯や歯周...

 

▼ホワイトニングより安く手軽に、家で歯の美白をする方法はこちらが参考になります▼

自宅で簡単に歯を白くしたい!美白ができるとおすすめの歯磨き粉の効果とは
「歯磨きしてるのに歯の黄ばみが気になる…」 「歯がもっと白くなったらいいな…」 と、女性なら誰でも思いますよね。 独身の頃なら、自分の歯のケアにも時間がかけられたかもしれません。 でも子供が生まれると...

 

 

 

コメント