あごや関節の痛み、家での顎関節症の7つの予防方法。寝方や姿勢を変えれば効果が出る理由!

歯ぎしりとイビキ

ある日、口を開けるとあごが痛い…。

 

「カクッ」とあごの関節から音がする…。

 

その原因、顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性が高いです!実は顎関節症は「生活習慣病」と言われるくらい、普段の「習慣」や「癖」で起こってしまう病気なんです(><)

 

 

つまり普段の生活の中で、「つい」やってしまう癖や習慣を見直すことが、顎関節予防につながっていく!ということ(^^)

 

今回は、顎関節症の原因になるかもしれない「癖」とその「予防方法」を7つご紹介しますので、ぜひあなたも参考にしてみて下さい(^^)/

 

誰でもある日突然起こる可能性がある病気だからこそ、知っていて損はありませんよ(^^)

 

スポンサーリンク

①顎関節症予防には、噛みしめやくいしばりに気を付ける

「噛みしめ」は、顎関節症を引き起こしてしまう大きな原因になります。

 

突然ですが、今、あなたの歯は当たっていますか?離れていますか?

もし歯が少しでも当たっていれば、まさに「今」あなたは噛みしめをしていました(><)

 

歯は1日24時間のうち、会話や食事時間を除いて23時間以上は歯が当たっていないのが正常な状態です。

 

実は、ただ歯が当たっているだけなのに

  • 周りの筋肉が緊張状態で疲れる
  • あごの関節が押さえ込まれて、血液の流れが悪くなり痛みに敏感になる

と、悪影響が起こってしまうんです…(汗)

 

でも、噛みしめは日常的に「癖」になっている人がほとんど。そのため、噛んでいることに本人も気づきにくく、治しにくい癖です(汗)

 

 

だからこそ、噛みしめの具体的な気づき方や治し方をまとめた1秒でできる噛みしめ癖の治し方!家で実践するくいしばりの対処方法を参考に、まずは自分が噛んでいることに気づくことから始めましょう。

 

②頬杖やあごに力がかかる癖もあごが痛くなる原因に

何気に見逃しやすい癖が頬杖です。

あなたも勉強中や仕事中やパソコン中につい頬杖をしていませんか?

実は頬杖も、かなりよくない癖の1つ(><)

 

 

試しに頬杖のポーズをしてみて下さい。あごに力がかかると歯が当たってしまいませんか?

 

そうなんです!

頬杖であごに力がかかると歯が当たるため、「噛みしめ」と同じことが口の中で起きてしまうんです。

 

お願いです!普段から頬杖をしている方は、今日から絶対にやめましょう(><)

 

 

③あごが痛い時は固いものは食べない

もしあごに違和感や痛みがあったり「顎関節症かな?」と思ったら、スルメやピーナッツやお煎餅など、固い食べものはしばらく避けて、柔らかいものを食べるようにしましょう。

 

 

成長が終わった大人があごを鍛えようと固いものを食べても、逆に関節に負担をかけて顎関節症の原因になることも多いんです(泣)

 

それにあごを鍛えるなら「固いもの」でなくても、普段の食事を「よく噛めるもの」にする方が簡単です(^^)

 

例えば

  • 繊維の多い野菜を大きく切る
  • ミンチは使わない
  • 千切りやみじん切りにしない

 

たったこれだけのことで、決して固くない食材でも自然に「よく噛む食事」に変身できます\(^o^)/

 

もっと具体的な方法は子供の噛む回数を増やす超具体的な食事の作り方!今日から簡単に出来る方法を参考にしてみて下さい(^^)

 

また、これからどんどんあごが成長していく子ども達にとっても「噛む回数が多くなる食事」は大切です。

 

よく噛むことは

  • あごの幅が広がる
  • 歯並びがよくなる
  • 口の筋力アップになる

 

と、良い事しかありませんから♪

 

関連記事→子供の歯並びがガタガタになる3つの原因。綺麗な歯になれるかは親の意識次第だった。

 

それにあごの骨は噛むことでしか鍛えられません!

普段から食事をよく噛んであごの骨や周りの筋肉を鍛えて口の体力がつけば、顎関節予防にもつながりますよ\(^o^)/

 

普段の食事つくりには宅配を利用して家事を時短する

「噛める食事」を作りたいけど、仕事や子育て中のママは「頼れる人」が傍に居ないと買い物に行くのも一苦労ですよね…。子どもを連れての買い物は、本当に一苦労です…。

 

「カートに乗せろ〜」

「やっぱり抱っこ〜」

 

 

歩いてくれたかと思ったら、商品棚をあさったりお肉のパックを指でツンツン…。穴を開ける…。(当然買い取りました 汗)

 

 

とにかく、買い物一つで体力的にも精神的にもヘロヘロになります…。

一人で身軽に買い物してた日々が懐かしい…なんて思ってしまいますよね(汗)

 

 

買い物で疲れて帰ってきて、「よく噛める食事」を作ろう!なんて気力すらない時もありませんか?(汗)

そんな時は、時間を買ってしまうのも一つの手!

 

買い物の手間や時間を節約できる代わりに、「噛める食事」を作れる時間が確保できれば、家族にとってもメリットしかありませんから(^^)/

 

 

有機・低農薬野菜の定期宅配らでぃっしゅクラブなら、妊娠中や3歳未満の子どもがいれば配送料無料で、好きなスタイルで利用できます(^^)

 

 

宅配サービスの最大のメリットは、ついでに「あれも買っておこう」なんて余計な買い物をしなくていいところや「お菓子買って〜!」と、子どもに駄々をこねられることもないこと(笑)

 

 

また、レシピが豊富なので「今日は何作ろう〜」悩まなくていいのもありがたいですね(^^)子どもがいると、買い物だけでかなり「消耗」しますから(汗)

 

 

時間に追われて余裕のない毎日では、ママの心が満足できません…。わたし達の人生が豊かになるかどうかに「時間」は一番大切な要因です!

 

買い物時間や献立を考える時間、調理時間が短縮できれば、空いた時間で子どもに絵本を読んであげたり、ゆっくりお風呂に入る時間が増えると思いませんか?

 

時間に余裕がある生活は、それだけで人生が今以上に豊かになります。

 

それに、ママが「無理なく食事が作れる環境」を整えることが、結局、子ども達の為にもなる(^ ^)

 

だってイライラしながら作るご飯では、子ども達もママ自身も楽しくないですよね…(汗)

「食べることは楽しい〜!」と、子どもが感じることができれば、「よく噛む食事」はすでに半分成功ですよ\(^o^)/

 

 

らでぃっしゅクラブはこちらから確認出来ます▼

④あごに負担をかけない寝方!うつぶせ寝で寝ないこともあごに負担をかけない方法

あなたや子ども達は、普段どんな姿勢で眠っていますか?

もしかして…「うつぶせ寝」をしていませんか?

 

実はうつ伏せ寝は、顎関節症を悪化させてしまう可能性がある寝方です(泣)

 

うつぶせ寝の状態を続けてしまうと、あごの関節や筋肉が圧迫されて痛みが出やすくなってしまうんです(;_;)

寝るときは、ぜひ仰向けの体勢で寝ましょう。

 

 

また寝た状態であごを下にしてスマホを操作したり本を読むのも、関節を突き上げてしまうのでやめた方がいい習慣です。

 

さらに、横向きで寝るときも気を付けて下さい。

 

枕であごを押し付けないよう枕の位置を少し上にズラせて、あごに力がかからないように寝ると、あごに負担がかからなくなりますよ(^^)/

 

あなたに合ったまくらの選び方はイビキを防止したいならまくらで対策!枕の高さでいびきが改善する驚きの理由を参考にしてみましょう(^^)

⑤楽器を吹いたり、歌う時もあごに負担がかかることもある

吹奏楽などで、フルートやクラリネットを吹くときも要注意です。

 

あごを不自然な位置で固定して演奏する楽器や大きな口を開けて歌う声楽も、あごの関節を痛める原因になります。

 

楽器を吹くときは頭を傾けず、楽譜を高い位置に置いてあごを下げない姿勢になるように工夫してみましょう(^^)

 

また、口を大きく開けて歌うとあごの関節に負担がかかる場合があるので、痛みがある時は声楽や楽器も落ち着くまで控えたほうが安心ですね(汗)

 

⑥歯を食いしばってしまうスポーツなども控える

野球やゴルフなどは、ボールを打つ瞬間に歯を食いしばってしまうことが多いスポーツです。

 

その結果、あごや関節が痛くなることがあるので、痛みがある場合は落ち着くまでは安静にしておきましょう。

 

もしあごに痛みがある時は、全身の筋肉をほぐす意味で、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をおすすめします。

 

⑦寒いとあごが痛くなる!緊張状態で肩に力が入るときも注意

仕事などで緊張状態が続くときも要注意!全身の筋肉が緊張し、あごの周りの筋肉に悪影響が出る可能性があります(><)

 

また寒い日や冷房でキンキンに冷えた部屋も、筋肉を収縮させて熱をつくろうと肩に力が入り、あごの筋肉も緊張状態になります。

 

さらにスケートやスキーなど寒い場所でのスポーツも、あごが痛い場合、寒さで痛みが強くなることがあるので、痛みがあるときは特に体を冷やさないようにしましょう(^^)

 

もし急に痛くなった時は家で出来る顎関節症の対処方法を参考にしてみて下さい。

 

まとめ

日常生活の中にも顎関節症を予防できることはたくさんあります。

 

痛みがあるときはもちろん、普段の生活の中でもあごに負担のかかる癖や習慣を見直してみましょう(^^)/

 

そして、子どもがまだ小さいうちだけでもいいので、定期宅配のらでぃっしゅクラブで買い物時間を減らして、空いた時間で家族のために「よく噛む食事」を作ってあげてほしいのです(^^)

 

口の運動は「噛むこと」でしかできません。

 

普段から食事をよく噛むことで口の体力がつけば、顎関節予防にもつながりますから\(^o^)/

 

らでぃっしゅクラブは詳しくはこちらから確認出来ます▼

 

顎関節症は安静にしていれば、1週間ほどで自然に症状が消えていくことが多い病気です。でも痛みが続くなら早めに病院へ行きましょう。早めに治療すれば治療期間も短くてすみますから(^^)

 

 

 

▼歯を健康にすることも、顎関節症のトラブルから身を守る方法です。家で簡単に実践できる虫歯や歯周病予防方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

 

 

コメント