何度も繰り返しできる口内炎の原因は?正しい治し方を知って予防しよう!

口の中のトラブル

誰もが経験のある口内炎。

 

あなたも、繰り返しできる口内炎に苦しんでいませんか?

 

たまにできるくらいならまだ我慢できますが、頻繁に口の中にできると、食事も食べにくいし、舌にできてしまえば喋りにくく普段の生活にも支障が出てしまいますよね(;_;)

 

憂鬱に感じている方も多いと思います。

 

でも、厄介者の「口内炎」は、なぜできるのでしょうか?

予防方法はあるのでしょうか?

今回は、わたし達の身近な「厄介者」の口内炎の予防方法についてのお話しです。

 

 

スポンサーリンク

口内炎のできる場所は唇や歯ぐきや頬や舌が多い

「口内炎が痛い…」と、今まさにわたしの夫も口内炎で悩んでいる被害者の一人。

 

 

口内炎は一度なると完治するまでに時間もかかるし、痛みも続きますよね…。口の中にあるだけで憂鬱になってしまいます…(汗)

 

 

そもそも「口内炎」とは、どんなものなのでしょうか?

 

実は、わたし達の口の中にできる口内炎の多くは、アフタ性口内炎と呼ばれているものです。「アフタ」とは、境界がハッキリしている円形や楕円形で、表面は白色で周りに紅斑がある病変のこと。

 

なにやら難しく書きましたが、「口内炎」と聞いてあなたがまず思い浮かべるものが「アフタ」です(^^)

 

5mm以下の大きさ

  • 歯ぐき
  • ほっぺたの内側
  • 上あご

など、口の中のあらゆる所にできる特徴があります(><)

食べ物などが当たると、しみたり痛いですよね…。

 

ちなみに、それ以上に大きくなれば「潰瘍」と呼ばれたりもします。

 

 

何回も口内炎ができる原因

問診のイラスト(男の子)

アフタ性口内炎ができる原因は、残念ながらハッキリとは分かっていません(汗)

 

ですが、考えられる原因として

  • 免疫の低下
  • 細菌による炎症
  • 自分で粘膜や舌を噛んでしまった刺激
    (口の中を噛んで傷ができると、細菌が入り込み発症しやすくなります)
  • 合わない詰め物などの刺激

が主な原因とされています。

 

他にも

  • 食生活の乱れ
  • ビタミンなどの栄養不足
  • ストレスによって免疫力が低下
  • 口呼吸

が原因でも発症しやすくなるとも考えられます。

 

 

口呼吸の治し方は、【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法で口を閉じる子に大変身!に詳しくまとめています(^^)

 

口内炎の治し方や予防にはどんな方法があるの?

頭にクエスチョンマークを浮かべた人のイラスト(男性)

口内炎を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず大切なのは口の中を清潔にすること。

 

口の中にはたくさんの細菌がいます。
細菌達が悪さをしないためにも、いつも口の中を清潔にしておくことは口内炎予防になるんですよ(^^)

 

とは言っても、家でのケア方法は「簡単に続けられる方法」でないと継続が難しくなりますよね。

 

おすすめは、毎日の歯磨きで歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』を使ったり、洗口液の(シシュテック)でうがいをすること。

 

 

 

歯磨き粉を「歯の間の汚れが取れやすいもの」に変えたり、刺激が少ないマウスウォッシュ(シシュテック)でうがいをして口の中の清潔を保つことは、今日からできる簡単な方法ですから、あなたもぜひ普段の生活の中に取り入れてみましょう(^^)

 

▼詳しい使い方は、こちらにまとめているのでぜひ♪▼

合わせて読みたい→低刺激でピリピリしないマウスウォッシュ!歯周病予防におすすめの使い方レビュー

 

 

 

そして、免疫力を低下させないこと。

 

体が疲れていたりストレスが溜まっていると、体の免疫力は落ちてしまいます(><)反対に体が健康で元気なら、口の中に細菌がいても、唾液に流されたり免疫力でやっつけてくれるので、口内炎にはなりません(^^)

 

ゆっくり休んだりストレスを解消することも、立派な口内炎予防なんですよ\(^o^)/

歯医者での口内炎の治療方法とおすすめの薬

歯医者のイラスト「治療中」

歯科医院での口内炎の治療は、全身的や部分的に問題がなければそのまま経過観察をして、

  • ステロイド薬
  • 貼付薬
  • 噴霧薬

を使って治していきます(^^)

 

また痛みが強い場合は、レーザーで治療をすることもあります。

 

 

ちなみに、市販の薬の中にもアフタッチデンタルクリームなどの薬で口内炎を治すことも出来ます。

 

シールのように貼るほうがお好きな方は、アフタッチがおすすめです(^^)

 

クリームタイプで患部に塗る方がお好きなら、デンタルクリームがいいですね(^^)

まとめ

口の粘膜は、間違った歯磨きや食べ物の刺激にも敏感です!

歯磨きは力加減を注意して、刺激の多い食べ物は控えるようにしましょう。

 

また毎日の歯磨きで歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』を使ったり、洗口液(シシュテック)でうがいをして、口の中を清潔に保つようにしましょう\(^o^)/

 

ただし、なかなか治らない口内炎は、自己判断せず歯科医院への受診をオススメします。

 

気になることは口コミ歯科・歯医者虫歯治療が1日で完了する、通わなくていい歯医者で、信頼できる歯科医や歯科衛生士に気軽に何でも相談してくださいね(^^)/

 

▼口内炎予防には口の中を清潔にすることが大切です!簡単に実践できる虫歯や歯周病予防方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→これならできる!自分でできる歯周病や虫歯の正しい3つの予防方法。

 

 

 

 

コメント