太ってないのに二重あご・口が出ている・あごがない顔立ちの意外な原因。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



こんにちは(^^)

 

2歳の娘を育児中。

待機児童問題で保育園に入れず、大好きだった仕事を泣く泣く退職した、歯科衛生士歴13年のまみんです(^ ^)

二重顎のイラスト

あなたは太ってないのに

  • あごがない
  • 二重あご
  • 口元が出てる

という顔つきに悩んでいませんか?ついでに口呼吸が癖になっていませんか?

その独特な顔つきの原因は、アデノイド顔貌(がんぼう)かもしれません…。

アデノイド顔貌(がんぼう)という言葉を、初めて聞いた方も多いと思います。

わたし達の体には、細菌をノドの奥に入れないために上の図のような「アデノイド」という扁桃があります。

しかしアデノイドが腫れると鼻呼吸がやりにくく口呼吸になり、その結果「アデノイド顔貌」という独特な顔つきやかみ合わせになってしまうことがあるのです…(汗)

「アデノイド顔貌」の人の特徴は、他にも

  • いつも口が開いている
  • 姿勢が悪い
  • 下あごが引っ込んでいる
  • 二重あご
  • 顔が長い
  • 出っ歯
  • 鼻が低い
  • 鼻の穴が小さい

の特徴があります。

でも、独特な顔つきになる原因は一体なぜなのでしょうか?一緒に見ていきましょう(^^)

スポンサーリンク



口元のコンプレックスの原因とアデノイド顔貌の特徴

姿勢の悪い人のイラスト(女性)

アデノイドが腫れて口呼吸になると、なぜ「アデノイド顔貌」という独特な顔つきになるのでしょうか?

口呼吸になると、猫背になってあごを前に出したような姿勢になりませんか?

猫背で前かがみになると、呼吸器系や内臓系を圧迫して呼吸がしにくくなります。呼吸がしにくいので、あごを前に出して頭を後ろに反らせた姿勢になって、首は突っ張った状態になってしまいますよね。

そのまま首が突っ張ってあごを引っ張れば、下あごは正しく前に成長できず、反対に顔を下方に成長させてしまうのです。

つまり、子供の頃から口呼吸が癖になってしまえば、口呼吸をしやすいように、顔の筋肉や骨格まで変わってしまう可能性がある!ということ(汗)

さらに口呼吸が「癖」になれば口がいつも開いているので、口元も締まりのないだらしない顔になってしまいます。

決して「いい顔」とは言えませんよね…(汗)

口で呼吸をしているだけなのに…体に与える影響は本当に怖いものばかり(><)

口呼吸が原因で、将来の顔つきにも影響が出てしまう可能性を考えると…。子供の口呼吸は、早めに直したほうが絶対にいい!

さらに、口呼吸で口の中が乾燥して唾液の量が減ってしまえば、虫歯や歯周病や口臭の原因にもなってしまいます。

口呼吸は本当に良いことがありません…(汗)

▼口臭を改善したい時は、こちらが分かりやすいです▼

合わせて読みたい→口臭を早く消したい時のおすすめグッズ!息が臭い4つの原因と改善方法のまとめ。

鼻呼吸のメリット

わたし達は本来、全員「鼻」で呼吸ができるはずなんです。

鼻から入った空気は

  • ほこりやゴミやウイルスをキャッチする
  • 温度や湿度の調整をする

ことでわたし達の体を守ってくれてます(^^)/

でも口呼吸になれば、ダイレクトに空気をそのまま(ウイルスなども一緒に)肺に取り込んでしまうので、病気になりやすい体になるのは明らかです…(泣)

だからこそ大人も子供も口呼吸をしている人は、ぜひ今日から治す努力をしてほしいのです(汗)

治し方は【口呼吸の治し方】子供でも簡単に試せる6つの改善方法で口を閉じる子に大変身!でまとめているので、参考にしてみて下さいね。

しかし中には、鼻の病気が原因で口呼吸になっていることもあるので、鼻呼吸ができないくらい鼻づまりが苦しい時はすーすー茶で鼻の通りをよくしたり、耳鼻科で診てもらうことをオススメします。

あごがない顔の治し方は矯正治療や美容整形で治療するの?

鏡を見る人のイラスト(悲しそうな女性)

アデノイドは2~3歳頃から大きくなり始め、その後は成長につれて小さくなっていきます。

成長し思春期頃になると扁桃の腫れはなくなりますが、

  • 独特な顔つき
  • 歯並びの悪さ
  • 口呼吸
  • 舌癖

は残ったままに…。

そう。大人の場合は、歯並びや骨格ができ上がっているので、扁桃の腫れがなくなって口呼吸を治しても「独特な顔つき」は残念ながら治らないのです…。

女性は特に、コンプレックスの原因になってしまいますよね…(汗)

治療には、矯正治療や美容整形で治していくしか方法はありません。

顔つきが悪くならないためにも、小さい頃から鼻で呼吸をする癖をつけましょう。

まとめ

太ってないのに

  • あごがない
  • 二重あご
  • 口元が出てる

という顔つきの人は、「口呼吸」をしていないかも確かめてみましょう。

「アデノイド顔貌」になる原因は、アデノイドが腫れて鼻で呼吸ができなくなり、口呼吸が癖になってしまうから。

特に子供の場合、成長期に口呼吸が癖になっていると骨格にまで影響が出てしまうので、口呼吸を発見した時は早めに直してあげましょう(><)

もし子供の口呼吸が続いたり、顔つきや歯並びで気になることがあれば、すーすー茶で鼻の通りをよくしたり、耳鼻科や矯正歯科の先生に相談することをオススメします。

歯並びや矯正治療の相談は自分にあった矯正歯科医院探しなら『e-矯正歯科.com』で信頼できる歯医者を探してみましょう(^^♪

▼口呼吸になると虫歯や歯周病リスクが高くなります。虫歯や歯周病予防の歯磨き方法も一緒にマスターしましょう▼

合わせて読みたい→虫歯と歯周病の予防法を極める!おすすめ歯ブラシと歯磨き粉の選び方をプロが解説。

▼口呼吸で前歯がかわくと歯の着色も目立つようになります。家でできる歯を白くする方法も一緒にぜひ♪▼

合わせて読みたい→実際使って歯の白さを実感!研磨剤が入ってない歯磨き粉でも歯を白くする効果は絶大でした!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする